車買取店の再査定(二重査定)の意味と対処法を徹底解説

車買取の現場では、少なからず業者と顧客の間でトラブルが存在するものです。多くの方は問題なく買取契約を結べるでしょうが、特殊な状況下では想定していないことが起こり得るものです。

中古車の買取でよく挙げられるトラブルとしては「二重査定」、あるいは「再査定」と呼ばれるものが挙げられます。

ここでは再査定(二重査定)の意味を理解し、うまくトラブルを回避する方法を理解してみましょう。

車の買取でよく聞く「再査定(二重査定)」の意味

中古車の買取で問題視される再査定についてですが、まずは言葉の意味を理解することから始めましょう。漢字のイメージから予想できるように、査定をもう1度やり直したり、二度も査定を繰り返す行為を指しています。

本来であれば査定というのは1回だけで済むことであり、そこで決まった買取金額が振り込まれて、契約は完了となります。ところが、中古車の買取業者の中には、何らかの問題が起きたときに「査定のやり直し」を求めるケースが存在します。

業者側の言い分としては、1回目の査定では見つからなかった故障や問題が見つかったので、査定結果を白紙にしたいというわけです。

当然ながら、業者側が申し出ることですので、再査定によって買取価格は下がるのが普通です。買取依頼をする客にとってはマイナスにしかならないため、こうした行為を二重査定と称して、注意を呼びかけるサイトも見受けられます。

通常であれば再査定になることは稀なことですが、そういうものが存在すると覚えておけば、思わぬ減額にも驚くことはなくなるでしょう。

再査定になる理由は?ほとんどの業者で二重査定はしないもの

さて、実際に再査定になるケースについて考えてみましょう。一度契約をした買取金額を変更するわけですから、業者側も何らかの理由を添えて申し出るはずです。最も多いものとしては「事故歴があることがわかった」といった理由が挙げられます。

一度査定を終えたにも関わらず、後出しで指摘してくるのは法的にどうなのかという議論はあります。査定する側が見落としていたわけですから、後から買取金額を減らされても、利用者は騙されたと感じるのも無理ないでしょう。

しかし、事故歴や修復歴については客側に申告義務もあるものですから、もしも申告漏れがあったのならば客側にも責任はあるでしょう。

どんな優良買取業者であっても、車の査定を短時間で完璧にするのは無理がある話です。特に出張買取査定やネット査定の場合には、簡易的なチェックして細かい部分は後回しになることもあります。

世の中には悪意で二重査定を仕掛けてくる業者も存在しますが、ほとんどの買取業者では「やむを得ず」再査定という形を取っています。

いずれにせよ詳しく事情を聞いて、再査定を受け入れるかどうか慎重に判断するようにしてください。

二重査定トラブルに遭った時の対処方法は?

一度の査定で買取金額が振り込まれない場合、まず自分がどのような状況に置かれているか把握する必要があります。最も大事なのは、既に買取契約を結んでいるかどうかという点でしょう。

契約書にお互い判子を押している状態であれば、業者側には買取金額をきちんと支払う義務が生じます。ただし、多くの場合は契約書にキャンセルに関する条件も記載されていて、ほとんどは業者側に決定権があるようにルールが書かれていることでしょう。

悪意のない再査定をしている業者ならば、きちんと買取金額が減る可能性を残したままで、本査定と呼ばれる段階を踏むものです。

最初にスピード査定をして見積もり額を伝えつつも、「本査定で結果が変わるかもしれない」という話をきちんとしてくれるはずです。

このようなケースについては、世間で批判されている二重査定とは異なり、仮査定と差別化して考える必要があります。

最初の査定額から減額された場合には、以上のような違いを認識しておく必要があります。もしも正式な査定結果を得たにも関わらず、最終回答と思っていた買取金額から減額された場合は、安易に受け入れないようにしましょう。

あまりにも悪質なケースについては、民事裁判で無効とされた判例もあるので、強気に出ることも必要です。

再査定すべてが悪というわけではありませんが、業者の言い分ばかりを鵜呑みにせずに、状況をきちんと把握する心構えを持っておきましょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら