残価設定ローン(残クレ)で購入した車を売ることができる?

自動車ローンにも様々なプランが存在し、顧客のニーズに合わせたものを自動車販売会社も提示してくれます。通常の分割払いだけでなく、自動車の売買においては「残価設定ローン」と呼ばれるものが人気を集めています。

この残価設定ローンは使い方によってはメリットもあるのですが、買った車を手放しづらいというデメリットもあるので注意しましょう。

ここでは残価設定ローンについて概要を説明し、中古車買取をする上での注意点についても解説させていただきます。

なにも知らないまま残価設定ローンを組んでしまった人も、改めて仕組みを理解して、中古車買取をするかどうか決めて下さい。

残価設定ローンとは、数年おきに所有権を選択できる買い方!

下の図は、新車価格200万円の自動車について、残価設定ローンを選択した場合を想定したものです。ここで注目していただきたいのは、「残債」と「残価」という2つの数値が存在する点です。

残債というのは「残りの債務」のことで、要するに払うべきお金のことを指しています。

次に残価という言葉ですが、これはその時点での車の「残った価値」を示す金額のことです。

残価設定ローンというのは、通常のローンとは異なり、新車価格について全て支払う必要はありません。その代わりに、一定期間ごとに所有権を維持するか、それとも返却するかという選択を迫られることになります。

上の図では3年ごとの選択を想定しており、更新年度ごとに車の残価(価値)は下がっていくことになります。このとき車を所有し続けることを選択すると、3年後の残価を基にして、次の更新日まで支払うべきお金(残債)が決定されていくことになります。

新車購入から3年経って手放したとしても、支払うローンは100万円ですので、金利を含めても半値で所有できることになります。

ただし、所有権は自分ではなく販売会社にあるので、中古車買取や下取に出すことはできません。

残価設定ローンというのは、販売会社があらかじめ残価という形で下取価格を設定してくれたものだと理解しましょう。

短い期間だけ新車に乗りたいという人や、中古車買取価格の暴落が恐いという人には、残価設定ローンを使うメリットは大きいことでしょう。

数年先の車の価値が保証されているので、通常の分割払いで購入するよりも、将来的なお金の工面がつきやすくなります。

残価設定ローンで所有権を自分のものにするには?

前項でも解説したように、残価設定ローンで購入した車の所有権というのは、あくまで販売会社に存在します。もしもローン更新日に、契約を破棄したのであれば、車は返却をする必要があります。

当然ながら中古車買取による収入も見込めず、手元には何も残らないことになります。こうしたデメリットも存在するため、通常の分割払いよりも短期的な負担は減らすことができるローンとなっているのです。

引き続き自動車を使用するには、ローン契約を更新して、次の残価設定に合わせた支払いが開始されます。この選択をした場合にも、車の所有権は変わることはなく、残価がゼロになるまで販売会社のモノとして扱われます。

契約内容にもよりますが、残価が完全にゼロになる契約満了日というのは、かなり先の話になることでしょう。

では、残価設定ローンの車について、所有権を自分のものにする方法はないのでしょうか。実は残価設定ローンの更新日には、「返却」と「契約更新」とは別に、3つ目の選択肢が用意されています。

その時点での「残価を一括払い」することで、車を自分の所有物にすることが可能となっています。前項で紹介した例で言えば、3年目ならば100万円、6年目なら50万円の残価が設定されているので、その金額を払えば正式に車を購入できるわけです。

その時々で自分にあった方法を選ぶことで、車との付き合い方を上手く選択できるのも、残価設定ローンのメリットです。

残価を支払って自分のモノにしてしまえば、ローンの負担がなくなるだけでなく、中古車買取をすることも可能になります。

残価設定ローンの車を売ることで得する可能性も?

ここまで残価設定ローンの仕組みを中心にして、どういうものかを解説させていただきました。要するに、車を必要としなくなった時点で、販売会社に返却ができるローンということです。

車の年式が経過するごとに、ローン額も変化していきますので、売買の手間が省ける分だけ手軽であると言われています。

しかし、残価設定ローンというのは、車の購入時に「将来の価値」まで設定されてしまう点には要注意です。たとえば、3年目の残価を100万円にして契約したとして、実際の価値と一致するかどうかはわかりません。

中古車として売りに出せば、120万円の高額査定を得られるようなことも十分あり得る話でしょう。

もしもローン更新日に車を手放すつもりであれば、中古車の買取価格をチェックするようにしてください。その時点での残価よりも、買取査定価格が上回っていれば、一括払いで購入して車を売ることで儲けることができます。

残価が100万円だったとして、もしも120万円で車を売ることができれば、差額の20万円を懐に入れられるというわけです。

もちろん車の販売会社も、こうしたことが起きないようなローン契約を提示していることでしょう。しかし、中古車相場というのは数年先まで予想することは難しく、残価設定に誤りが生じることは多々あります。

更新日が近くなった際には、中古車買取の見積もりだけ依頼しておき、残価と比較をしてみることをおすすめします。

車を売るかどうかは別にして、現時点での買取価格を知っておけば、ローン更新の選択について良い判断材料になることでしょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら