中古車の買取と売値の差はどのくらいなの?売値の決め方について

車を売る側にとっては、とにかく高い買取価格をつけたいはずです。逆に、車を買う側になれば、できるだけ安い価格で手に入れたいと思うことでしょう。こうしたモノの考え方というのは、中古車の買取の現場でも共通しています。

買取業者は安く車を買取して、高く売ることができれば、それだけ大きな利益を得ることができます。買取価格と販売価格の差によって企業経営が成り立つ以上、どこの業者も目指す方向性は一致しています。

ここでは実際の中古車市場で、どれぐらいの価格差が生じるのか紹介させていただきます。ある程度の目安を頭に入れておくことで、どの業者が良心的かどうか判断することができるようになるはずです。

中古車の売値と買取価格はどうやって決まるのか?

中古車の売値(販売価格)には、様々な要素が含まれています。下の図でも記載しているように、買取価格はもちろんのこと、整備費などの諸経費、そして業者が得るべき利益が含まれています。

また、利益額を設定する場合にも、売れ残りのリスクなども含まれているのも理解しておきましょう。

中古車の売値(販売価格)の構成要素

業者にとって最も避けたいのは、買取した車をいつまでも在庫として抱えることです。在庫で保管している間も、年式はどんどん古くなっていき相場も下がり続けてしまいます。

そのため、できるだけ早く確実に、買取した車に利益を乗せて販売することが求められるわけです。

中古車市場で人気のある車種であれば、業者も売れ残りリスクを心配しなくて良いので、買取価格を高く設定できます。薄利多売の精神でも、どんどん利益を稼ぎ続けられますので、売値と買取価格の差は小さく設定できるのです。

一方で、売るまでに整備費が多くかかってしまう車であったり、売れ残りリスクの高い車は価格差が大きくなりがちです。

消耗が激しい走行距離の長い車や、買い手が絞られる海外車・希少車というのは、利益や経費を高く設定されやすくなります。

その分だけ仕入れ値である買取価格は低く設定しなければなりませんので、車を売る側としては買い叩かれる危険性が高いことを意味します。

一方で、あまり消耗していない大手メーカーの一般車ならば、販売価格に近い高価買取を実現しやすい傾向にあります。

売値との差は平均でどれくらいか?買取価格の実例を紹介!

下の画像は、年式が平成25年のヴィッツについて、カーセンサーの販売価格情報を調べた結果です。

走行距離やオプション品などで価格は変化しますが、最も販売台数の多い価格帯は90~100万円でした。

中古車の売値の相場と言える数字ですが、この価格帯の車の買取価格はどれくらいでしょうか。

平成23年 ヴィッツ(買取60万円)の中古車販売価格

中古車の買取査定についても、クチコミ情報をまとめたサービスがいくつかあります。2016年5月に報告されているクチコミでは、だいたい60万円前後が買取査定額の相場となっているようです。

つまり、同じ条件のヴィッツの販売価格と比較すると、30万円ほどが上乗せされている計算になります。

今回はトヨタのヴィッツを例にしましたが、販売台数の多い国産車の場合、だいたい30万円前後の差が設定される傾向にあります。

自分の車の買取価格について、査定結果が適正かどうか判断したいならば、まずは同条件の車の販売価格を調べると良いでしょう。

査定結果と販売価格の差が、30万円を超えてくるようですと、安く買い叩かれているのではないか疑うことも必要になります。

買取業者に査定依頼する前に、販売価格をチェック

ここまで中古車の売値と買値について説明してきました。このことを念頭に置けば、高額買取をしてくれる業者というのは、その車を高く売れると判断しているからだと考えられます。

車を売る業者を選ぶ時には、査定依頼をする業者がどれくらいの価格で車を販売しているか、事前に知っておけば大きなヒントになるでしょう。

ぜひ意識していただきたいのは、良心的な中古車販売業者が、必ずしも買取業者として優秀と限らないということです。格安販売を売りにしている業者では、買取査定で高い価格を提示しづらいため、車を高く売れる可能性は低くなるでしょう。

中古売買を手がけている業者を見ると、「高く買います」「安く売ります」という宣伝文句を多く目にしますが、現実はかなり難しいものです。

大手中古車業者であれば、薄利多売で利益率を低く設定できるかもしれませんが、小規模な業者は1台あたりの利益率を高くしなければなりません。

まずは、その業者が中古車をどれくらいの値段で販売しているか目を通し、自分の車をどれくらいの価格で売るつもりなのか予想してみてください。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら