中古車の買取相場は何を基準に決まる?買取価格の基準について

中古車の買取価格を決める基準について、今の時代ではかなりマニュアル化が進んでいて、大まかな部分はどこも共通しています。

どのような買取業者を選ぶにしろ、知識さえあれば事前に買取価格の予想はつきますし、査定結果が妥当か否かを判断することも可能です。

ここでは買取価格を決める基準を理解し、どうやって中古車の価格が計算されていくのか、基本的な部分を解説させていただきます。

車種ごとに基本価格が設定されている

中古車だけに限らず、自動車というのは車の種類によって、価値というものが大きく決定されるものです。高級車に分類されるものもあれば、大衆車と呼ばれるものもあり、名前を聞いただけで「高い車に乗っていますね」と思われることもあるでしょう。

買取価格についても、こうしたものが重要な基準となっており、車種ごとに価格の相場が存在します。新車価格が高いものほど、買取価格もどんどん高くなっていきますし、その逆も当てはまります。

買取予定の車について、型式名でインターネット検索をすれば、大まかな市場価格というものが理解できることでしょう。

ただし、単純に新車価格の差がそのまま反映されるかと言うと、そういうわけでもありません。軽トラックや軽自動車のように、中古でも価値が落ちにくい車というのは、普通車よりも買取価格が高くなるケースがあります。

いずれにせよ、お手持ちの車の型式によって基本価格が定められるのは変わりないので、そこが価格決定の最重要ポイントであると覚えておいてください。

新品に近い車ほど、中古車の買取では有利になる

前項では車種ごとに基本価格が設定されていると説明しましたが、同じ型式の車であっても、モノによって状態は大きく異なるものです。新品同様の車もあれば、ほとんど廃車寸前という場合もありますので、状態によって実際の買取価格は変動することになります。

車の状態を示す客観的根拠として、年式と走行距離の2つが挙げられます。こちらについては、中古車購入を検討している顧客が意識しやすい部分ですので、買取金額にもダイレクトに反映されやすくなります。

基本的には購入からの期間が短く、走行距離も少ない車ほど、中古買取では評価が高くなると考えてください。

どの程度の評価がされるかについては、中古車の相場を調べていけば、おおよその予想はできるかと思います。数字で簡単に比較しやすい要素だけに、どこの業者であっても、似たような数値の車があれば価格も大差がないものです。

同じ型式、同じ年式、同じ走行距離の自動車があったとすれば、買取業者ごとの差は極めて小さなものになることでしょう。

キズや故障箇所の評価は、業者ごとに基準が大きく異なる

ここまで解説してきた買取基準というのは、いずれも客観的に判断しやすい部分で、素人であっても理解できるものでした。現代のようにインターネットで価格が調べやすい時代では、消費者も相場を強く意識するものなので、業者も独自の価格を決めづらいのです。

しかし、どこで車を売っても価格に違いが生まれないかと言えば、そういうわけではありません。自動車というのは複雑な機械ですので、単純な数値だけでは比較できない価値基準というものがあります。

最もわかりやすい例としては、ボディのキズやヘコミで、これは買取業者ごとに減額する度合いが変化します。ある業者では「キズなし」と判断される車でも、別の業者では「微小なキズあり」というように、減点材料として査定されることが考えられます。

他にもエンジン内部の状態や、各パーツの状態についても、故障とするか経年劣化とするか判断が分かれるところです。

このあたりの判定については、実際に自動車を渡して、査定を受けてみないことにはわからないのが実情です。気になる箇所があれば、事前に写真を見せて確認することも可能でしょうが、厳密な回答を得られるかどうかは微妙でしょう。

店頭にいる担当者と、査定士が別人であることも多々ありますので、見積もりだけで確実な金額はわからないと覚悟しておくべきです。

一括見積もりサイトを使うと、買取価格の目安が見える

中古車の買取価格を決める基準は、「客観的データ」に属する車種・年式・走行距離といったものに加えて、「査定士の判断」が左右する状態チェックが介入することで決められます。

このことを理解していれば、前者の客観的データに関する部分というのは、複数の業者を比較すればスグに買取相場が把握できると納得してもらえるでしょう。

いわゆる見積もりと呼ばれるものは、この客観的データから判定されるもので、情報さえ提供すればすぐに回答が得られるものです。一括査定サイトのように、必要な情報さえ入力してしまえば、翌日には何十社もの回答が届くサービスも広く活用されています。
見積もり価格が、そのまま入金されるわけではありませんが、ベースとなる価格であるのは間違いありません。

まずは、見積もり価格について多くの情報を集め、自分の車の価格の基準値を把握することが先決です。その上で、相場よりも高めに提示している業者があれば、査定士にチェックしてもらい厳密な査定価格を受け取るようにしましょう。

目安さえ事前に理解していれば、必要以上に安く中古車を手放してしまう恐れもありませんし、査定結果にも納得しやすくなるはずです。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら