軽自動車は高く売れるって本当?軽自動車の買取価格について

新車の場合、軽自動車の魅力は「お値打ち」であるところに尽きるでしょう。普通車よりも価格が安いだけでなく、税金面でも優遇されるため、安いイメージが定着しています。

そうなると、中古車買取においても安く評価されそうなものですが、実は全くの逆だと覚えておきましょう。

ここでは軽自動車の中古車買取について、市場がどのように見ているか理解することから始めます。その上で、高額査定を引き出して現金化するまでの道筋を考えていきましょう。

軽自動車は中古での値落ちがしづらい!

新車購入時は安く買えた軽自動車でも、中古市場では高めの評価がされやすくなっています。元の新車価格こそ安くとも、同じ年式・走行距離の場合、普通車と価格が逆転することも珍しくありません。

それだけ中古であっても、軽自動車というのは価値が落ちにくいものなのです。

車の買取を迷っている方で、軽自動車をお持ちであるというならば、積極的に高価買取を狙っていくべきでしょう。中古車の購入を検討する消費者は、維持コストを抑えられる軽自動車を評価するので、高値で売買されやすくなっています。

普通車であれば、できるだけ新しいものを求める人が多い反面、軽自動車は古くても問題にされづらい環境にあります。

需要の高い商品というのは、それを扱う業者も高く買取してくれます。状態の善し悪しで査定に差があるとはいえ、軽自動車ならば探せば必ず高く売れる業者は見つかるはずです。

また、年式の古い軽自動車であっても、それだけで査定で評価されなくなるわけではありません。大事なのは過小評価を自分でしてしまわないことで、軽自動車であるというだけで強気になって良いと考えましょう。

軽自動車を買取するとき査定でチェックされるところは?

基本的には、軽自動車であっても買取査定で見られるところは、普通車と大きく異なりません。エンジンの動作がきちんとしているかどうか、外装に傷や汚れがないかどうか等、中古車としての基本的な観点で評価されます。

ただ、普通車と違って優先される項目に違いがあり、それが買取価格にも影響するので注意しましょう。

まず、軽自動車の買取査定においては、普通車ほどは機関部の状態を問われません。例えば、エンジン内のスラッジがどれほど蓄積しているかといったように、細かい部分は影響しづらいということです。

軽自動車の購入者の多くは、エンジンのパワー等は重要視しておらず、正常に走行すれば良いと考える人が大半です。それに合わせて、買取をする査定士も評価の度合いを変動させますので、普通車とは違った評価のつけ方になることもあり得るでしょう。

一方で、目に見える外装部分や、車内のシートの汚れについては注意が必要です。軽自動車は女性の購入者も多く、エンジンのような機関部よりも、目に触れる部分は価格に影響しやすくなります。

もしもボディに目立つキズがあったり、シートに汚れが残っている場合には、買取査定でマイナスになることも覚悟しましょう。

このあたりの評価も業者ごとに分かれるところなので、一社だけに頼り切るのではなく、同時にいくつか査定に出してみることも検討すべきでしょう。

軽専門店での買取が高値になりやすい理由は?

中古車業者の中には、特定車種のみに絞った取引をしている所も多く、軽自動車についても同様です。いわゆる軽専門店と呼ばれる業者は、普通車は一切扱わずに、軽自動車のみを買取しています。

さて、軽専門店での買取の場合、通常の平均買取価格よりも高値で売れることが多いようです。全ての場合に当てはまるわけではないとはいえ、一括査定サイトを使った場合、専門店ほど高値の査定をしやすい傾向にあります。

理由としては、軽自動車の販売に特化した営業をしているため、確実に在庫をさばけるという強みが挙げられるでしょう。

また、最近では中古車を買取した後に、別の業者に売り直すようなことも増えています。ネットオークションでは業者間のやり取りも珍しくなく、それだけ中間マージンも重なっていき、無駄なコストとなってしまうでしょう。

軽専門店の場合は、顧客に直接販売することを目的にしているため、純粋に買値と売値のバランスを取った査定価格になりやすいのです。

買取先の候補として、軽自動車の専門業者はできるだけ抑えておくべきでしょう。通常の中古業者と比較しつつ、お手持ちの車の相場を判断する材料にもなるので、1社はコンタクトを取っておきたいところです。

軽自動車を売る時に用意すべき必要書類は?

軽自動車を買取する際には、いくつか必要となる書類があります。それでも普通車に比べれば、かかる手間は小さめとなっているので、早めに準備するようにしましょう。

例えば、納税証明書は市役所で発行してもらえるので、県税事務所が管理する普通車よりも楽でしょう。

印鑑についても、実印ではなく認印で売買契約を娘るので、印鑑証明書が必要ありません。

【軽自動車の買取に必要な書類】

車検証 住所が異なる場合は、住民票も必要
納税証明書 売却する年の書類のみ提出
認印 印鑑証明書は不要
車庫証明書類
自賠責保険証明書
リサイクル券 リサイクルシステムのWebサイトで再発行可

ただ、注意すべきなのは、上の表に記載されているものは「通常の場合」という点です。現住所が車検証記載のものと異なる場合、別に住民票も用意しなければなりません。

また、結婚によって苗字が変わっている人は、戸籍謄本がなければ軽自動車を売却できない決まりがあります。

いずれにせよ、買取を依頼するお店に聞けば、事前に何が必要かは教えてもらえるはずでしょう。どの業者であっても、必要書類は大きく変わりませんので、早めに準備を済ませてしまいましょう。

軽自動車の買取金額の目安を知るには?

ここまで軽自動車が高く売れるということを前提に、買取に関する基本的な事柄をまとめてきました。ただ、高い安いの判断基準というのは、人によって違うものでしょう。

普通車と比べて値落ちしづらいとはいえ、それが納得できるものかどうか、具体的な金額を見ないと判断できないのが普通でしょう。

年式や走行距離によって、軽自動車の買取額も変化をしますが、1つの例としてダイハツのムーヴを挙げてみましょう。中古車の取引数も多い車種ですが、3万キロ未満の走行距離ならば、70万円前後で取引されています。

極端に年式の古いものは別として、年1万キロペースの3年物であれば、これくらいの価値があるということですね。ここから買取業者が整備費や利益を確保したものが、買取価格ということになります。買取査定で40万円程度は十分に期待できることでしょう。

中古車の情報サイトで条件を入力して、自分の車と全く同じものを探してみることも、買取前には良い予習になるはずです。商品としての価値を知ることができるので、査定金額が妥当かどうかの判断基準になるでしょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら