車を買取りに出した場合、自動車リサイクル料金は戻ってくる?

多くの方は自動車を購入した時に、リサイクル料と呼ばれるものを支払っているはずです。税金のようなものだと認識し、特に気にせず過ごしてしまっている方も多いかもしれません。

通常であれば、このリサイクル料が効果を発揮するのは、廃車をして車を手放す時だけです。

しかし、中古車買取で車を手放すのであれば、このリサイクルについて理解をしておく必要があります。せっかく払ったリサイクル料を取り戻すことを怠ると、結果として損をしてしまうことになるので、よく注意するようにしましょう。

リサイクル料とは何か?廃車の時に必要な経費を前払いしている!

新車・中古車に関わらず、税金や手数料の類というのは、ほとんどの場合は業者任せにしている場合が多いかと思われます。

中には全ての手続きについて、業者ではなく購入者自身が済ませているようなケースもあるでしょうが、ごく一部の例外と言えるでしょう。多くの方は業者が提示された明細を見て、必要な金額を自動車購入費と一緒に、支払いを済ませてしまっているはずです。

リサイクル料の仕組み

さて、こうした費用の中には、リサイクル料という10,000円前後の費用も含まれています。車種によって金額が異なるもので、最も高い場合には18,000円程度になるので、負担額としては軽視できません。

これは廃車をする時に義務付けられている資源回収(リサイクル)について、必要な経費を自動車購入者が前払いをしているのです。

その証明としてリサイクル券というものが発行され、車検証と一緒に保管するのが望ましいとされています。

廃車時にお世話になる制度ですので、中古車買取に出す場合には、全くの無意味になってしまいます。その車を廃車に出すのは、支払った本人ではなく、次の所有者になるわけですからね。

中古車として車を手放すのであれば、このリサイクル料の仕組みを深く理解し、きちんと自分の権利を行使することが必要になるのです。

リサイクル券は次の所有者へ!払った料金を請求する権利がある!

前項の解説の中で、リサイクル券という証明書が発行されると説明しましたが、これは他人への譲渡が可能なものです。通常であれば、中古車を買い取った次のオーナーに渡されるもので、廃車するときに利用されます。

元々は最初のオーナーが発行したものですから、リサイクル料そのものは、新車の時に車を購入した人が負担していることになります。

しかし、リサイクル券の譲渡の際には、かかった経費を請求する権利があります。中古車を手放す時には、リサイクル券を引き渡す代わりに、所定の金額を相手に請求をして受け取ることが可能です。

個人売買の場合はもちろんですが、中古車買取業者を利用する場合にも、リサイクル料を受け取る権利があります。

業者によっては、リサイクル料を別にして支払ってくれる場合と、中古車買取代金と一緒に支払われる場合があるので注意してください。なにも意識しないままでいると、買取代金全体の中に含まれてしまい、実際は天引きでされてしまっている可能性もあるのです。

買取査定の時に提示される代金について、リサイクル料を含んでいるのかどうかまで確認し、本体価格とは分けて考える必要があります。

リサイクル料の負担の流れ

ガリバーに代表される大手買取業者の場合、ホームページや電話で確認をすると、リサイクル料の返還について、きちんと明示されています。こうした業者であれば、こちらが意識をしなくても損をしないように配慮されていますが、念のためチェックしておくようにしてください。

他よりも査定金額が高く提示された業者でも、実はリサイクル料等も一緒に含んだ金額であったため、車本体の買取金額は高くないような場合も考えられます。

数字だけで誤魔化されるのではなく、金額の中身についても把握をして、真の意味で高額買取を狙っていくように心がけましょう。

リサイクル券を紛失したらどうなる?再発行はできないが心配無用!

中古車買取の際にはリサイクル券も必要になりますが、既に紛失をしてしまっているという方もいるかもしれません。車検証と違い、最近になって登場した書類である上に、売却や廃車をする時以外に使わないものですからね。

中古車買取に出そうと考えてから、失くしてしまったことに気づく方も少なくないようです。

実は、リサイクル券については再発行ができない書類で、紛失してしまうと二度と手に入らないものです。しかし、だからと言ってリサイクル料が無駄になってしまうわけではなく、代わりの書類をパソコンから印刷できるので覚えておきましょう。

「自動車リサイクルシステム」のホームページから、「自動車リサイクル料金の預託状況」と呼ばれる画面を出し、この画面を印刷すればリサイクル券と同じ効力を持ちます。

画面を出す際には、車検証の情報が必要となりますから、手元に用意しておくとスムーズに手続きができることでしょう。

買取に出すときにも、リサイクル券の代わりとして、この預託状況を印刷したものを持っていくようにしてください。リサイクル券そのものは存在せずとも、全く同じものとして扱われますから、リサイクル料を受け取ることが可能となります。

再発行ができないとはいえ、実際のところは車検証等よりも、失くしたときの対処は簡単なものであると言えるでしょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら