車の査定における事故車と修復歴車の違いってなに?

「事故車や修理歴車は買い取ってもらえない…。廃車にするしかないか…」と諦める方も多いようですが、最近ではそのような車でも価格が付くケースが増えてきました。ネットで検索しても、「事故者OK!」という業者が増えていることが分かるはずです。日本では流通できなくても、海外では需要が高いと言えますので。

しかし、「事故車と修理歴車の違い」について、皆さんはどこまでご存知でしょうか?

まず事故車とは、読んで字のごとく「事故を起こしたことがある車」となります。一方、「修理歴車」とは「修理をしたことがある車」になりますね。しかしこれでは違いがハッキリしないため、下に詳しく解説していきます。

まず、たとえ事故を起こしたとしても、車へのダメージがほとんどなかったとします。軽いキズが付いた程度であれば修理も簡単ですよね?このように、事故を起こしたものの、「修理歴と呼ぶほどの修理は加えていない」という車を、一般的に「事故車」と呼んでいるのです。

一方、事故を起こしてバンパーやトランク、ボンネットやドアなどに深刻なダメージを背負った場合、大掛かりな修理が必要となります。このように、車の骨子にかかわる部分の修理を行った車を「修理歴車」と呼ぶのです。つまり、たとえ事故を起こしたとしても、修理が非常に簡単だった場合は「修理歴車」に定義されないことになります。

基本的には、事故車の方が修理歴車より高く売れる可能性が高いと言えます。たとえ事故を起こしていたとしても、修理をほとんどしていないため、買取後の整備のコストが抑えられるためです。しかし修理歴車の場合は、「大きな破損経験がある」ということになりますので、こちらは大幅な減額対象になります。

また、こちらも非常に重要なのですが、「修理歴はしっかりと査定士に伝えておく」は忘れないようにしておきましょう。査定の場で隠し通せたとしても、その後のプロの目による審査で確実にばれることになります。返金を求められたり、最悪のケースで損害賠償請求を起こされることもありますので。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら