事故歴や不具合箇所はどこまで話すべきか?

車を少しでも高く売る場合、出来れば「車の悪いところ」は隠しておきたいですよね?わざわざこちらから査定担当者の心証を悪くする必要はないですから。しかし、決定的な部分に関しては、こちらから伝えることが重要だと言えます。

小さな傷の修復程度なら隠しておいても良いでしょう。しかし、事故を起こして「ドアが滅茶苦茶になったことがある」や「ボンネットを新しいものに変えた」などの大掛かりな修理や事故歴に関しては、決して隠してはいけないのです。

なぜか?その理由は、「後々、厄介なトラブルに発展するケースがあるため」ということになります。

買い取られた車は、整備やオークションへの出品時に複数人のプロの目によって厳しい審査を受けることになります。査定の場では見破られなかった事故歴や修理歴も、後ほど必ず見破られることになるでしょう。

そうなればトラブルに発展するケースが考えられます。買取業者の規定にもよりますが、売却して受け取ったお金を返金するよう求められるケースが多いと言えます。「売却の契約解除」ということですね。

さらに、「隠していた=騙した」になりますので、業者によっては損害賠償請求を起こしてくる可能性もあります(実際のそのような事例も報告されています)。このような厄介なトラブルを防ぐためにも、「大きな事故を起こした」や「大掛かりな修理をした」に関しては、確実に伝えておくことが大切なのです。

ところが、ここで困った問題が浮き彫りになります。「中古車で買った車を売る」という場合、あなたは前のオーナーを知りませんよね?前のオーナーが何かしらの事故を起こしていた場合、あるいは大掛かりな修理を行っていた場合でも、あなたがそれを知ることは出来ません。それをそのまま査定に出して審査時に見破られると、あなたには何の罪もないのに返金を求められるケースもあるのです(こちらも実際に報告されるケースです)。

したがって、中古車として購入した車を売却する場合は、「中古車なので事故歴などは分かりません。仮に後ほど分かったとしても、契約解除はしないでください」と約束しておきましょう。理想は文書で書いてもらうことです。これなら、不意なトラブルに巻き込まれることはないと思われます。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら