車を売却する際、キズは修理した方がよい?

「車の売却を検討しているのですが、キズは直してから査定に出した方が良いですか?」との質問も多く聞かれます。まず、明らかに目立つようなキズである場合は、きちんと修理した方が良いと考えられます。キズが残ったままではマイナス査定になりますので、マイナス分を消すためにも修理は必須です。

しかし、車を売却する時の目的は「少しでも高く売る」ということになります。したがって、修理費があまりにも高額である場合は、売却金額と修理費が相殺される可能性もあるのです。そこでまずは、買取額の相場を確認して、修理費の見積もりを参考に修理するかどうかを決めるべきでしょう。

一方、ごく細かいキズに関しては、「あえて直さない」という方法もあります。少し「ずる賢い方法」と言えるのですが、下に詳しく解説いたします。

車は、洗車しなければボディの表面にほこりの「膜」が張ります。実はこの膜が、ごく小さなキズを隠してくれるんですよ(2週間ほど洗車をしなかった場合)。「査定前に洗車をしない」は、担当者の心証を悪くする恐れがあります。しかし細かいキズを隠したい場合は、あえて洗車をしない方法もあるのです。「肉を切らせて骨を断つ」の戦法と言えますね。

しかし、買取業者の中にはこの方法が通用しない場合もあります。上記のようなずる賢い戦法を防ぐ、あるいはジックリと査定するという意味で、車を一時的に預かって査定する業者もいるのです。

この場合、業者は車の表面を軽く洗ったり、あるいは布で拭いたりして査定するため、せっかくの「ほこりの膜・戦法」も通用しないと言えます。したがって査定に出す前に、「こちらに来て頂いて、その場で査定してもらえるのですか?あるいは車を預ける必要があるのでしょうか?」と確認しておきましょう。自宅に来て、その場で査定してくれる業者であれば、「ほこりの膜・戦法」の可能性を模索してください。一方、車を預ける必要があるなら、やはり素直に洗車をして出す方が良いですね。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら