純正の方が高く売れる?

車を持たれている方の中には、純正品を外して社外品パーツを取り付けていらっしゃる方もおられます。車好きの方に多いと言えますが、気になるのが買取業者の査定です。果たして、社外品パーツは査定にどのような影響を与えるのでしょうか?

まず結論から言うと、「プラスにもなれば、マイナスにもなる」ということです。

少なくとも、社外品パーツの有無は査定に影響すると考えておきましょう。人気のあるパーツや高価なパーツである場合、社外品はプラス査定になります。一方、「いかにもマニアしか好まないようなパーツ」である場合は、おそらくマイナス査定になる可能性が高いと言えるでしょう。

そこで、社外品パーツを付けておられるのであれば、まずそのまま査定に出すようにして下さい。そして取り付けている社外品パーツがプラス査定になっているのか、あるいはマイナス査定になっているかを確認するのです。確認しなければどのような査定が出たのか分かりませんので、必ず問い合わせるようにしておきましょう。

仮に回答が得られない場合は、「プラス査定なのに隠している」と勘繰ることも出来るため、他の業者で確かめることをオススメします。

しかし、何よりも大事なのは「純正品をきれいな状態で保管しておく」となります。もし社外品パーツがマイナス査定になった場合、純正品に戻して売った方が得であるためです。しかも、きれいに保管しておくと査定にも好影響を与える可能性があるため、出来るだけ「買った時の状態で保管する」を心がけておきましょう。

ちなみに、買取業者ではなく「下取り」に出す場合は、絶対に純正品パーツにしてから査定に出しましょう。社外品パーツが査定に影響するのは買取業者だけであり、基本的には下取り業者では「査定対象外」と認定されるケースが多いのです。もちろん、純正品を紛失していればマイナス査定の対象となるため、必ず純正に戻してから査定に出すようにして下さい。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら