下取り価格の上積み交渉を行うためのポイント

新車購入時、今の車を下取りに出す方も多いですが、どうすれば価格の上積み交渉が出来るのでしょうか?ポイントを以下にまとめてみました。

■新車の本体価格を値切る
■買取価格と比較して代金を釣り上げる
■キャンペーンを狙う!
■手数料のカットを要求する

まず、目的は「高く下取りをしてもらい、新車を購入する」ですので、「新車の本体価格を安く抑える」も有効な方法です。そこで店舗に行ったら、「どれだけ値引きしてくれますか?」と交渉しておきましょう。もちろんこの時点では、「下取りなしで!」と付け加えておきます。つまり、「購入代金」と「下取りの査定」を別に分けて、両方の角度から価格を抑えようとする戦法です。そして本体価格の値引きが限界に達したと感じるなら、そこから下取り交渉に移れば良いのです。

続いて「買取価格と比較する」ですが、下取りに出すよりも買取業者の査定の方が高く売れる場合があります。その場合は、「○○業者はこの価格で買い取ってくれるみたいですよ。これより高くなりませんかねぇ~?」と交渉して下さい。そこで上積みが出来ればOKですし、出来なければ業者に売り払っておきましょう。それを新車の購入資金に充てれば良いだけですから。

「キャンペーンを狙う!」ですが、下取り業者の特徴の1つとして、「頻繁にキャンペーンを行う」ということがあります。買取業者に押され気味ですので、「あの手この手」のキャンペーンを仕掛けてきます。もちろん、私たち利用者にとって嬉しい話ですので、積極的に利用しておきましょう。

最後の「手数料カット」ですが、下取りには「下取り手数料」や「下取車手続き代行手数料」などが存在しています。2つ合わせて「2万円程度」が相場なのですが、このような手数料は買取業者には存在していません。また、下取り業者の中にもゼロに設定するところがあり、「この手数料、何とかなりませんかねぇ~」と交渉する価値ありです。

いかがでしょうか?下取りの上積み交渉に関しては、「査定を釣り上げる」という方法だけではありません。新車の本体価格を抑えたり、あるいは手数料をカットしてもらう等、多角的に攻めることが重要と言えるでしょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら