下取り車の手数料、税金、自賠責保険を見逃すな

車を売る場合、買取業者に買い取ってもらうか、あるいはディーラーに下取りしてもらうかの2つの方法が考えられます(個人間での取引を除く)。どちらが有利かは状況によって異なりますが、下取りを選んだ場合は、以下の点に注意しておきましょう。

たとえば、下取り価格が80万円だったとします。車種や状態にもよりますが、それなりの高額査定と言えるでしょう。しかし、その80万円がそのまま受け取れるとは限らないのです。ここに、下取りの大きな「落とし穴」があると考えて下さい。

買取と違い、下取りには「下取り査定手数料」が存在します。査定自体に費用がかかるのですが、およそ1万円程度が相場となっています。もちろん、この金額は査定額からマイナスされます。

さらに、「下取り諸手続き代行費用」の存在も無視できません。下取りされた車は、整備などに回されて中古車デビューするケースが多く、そこに至るまでには様々な手続きを踏む必要があります。その費用をこちらが負担することになるのですが、およそ1万5000円程度が相場と言えます。当然、こちらも査定額からマイナスされることになります。

ところが、上記の「査定の手数料」や「手続きの代行費用」に関しては、買取業者は無料に設定している場合が多いのです。したがって素直に支払うのではなく、ダメもとで、

「他の業者では、手数料とか代行費用とか無料にしてくれるって言っていましたよ」

と、軽くジャブを入れておきましょう。下取り手数料や諸手続き代行費用は、法律的に支払う義務があるものではありません。あくまでも業者の儲けなのです。つまり、「他の業者は無料にしている」となれば、「分かりました。弊社でも無料に致します」を勝ち取れる可能性があると言えます。

さらに、車を所有するからには「自動車税」を支払っていると思いますが、下取りされれば「月割り」で還付されることになります。ところが、それを客に知らせず、自分のポケットに入れてしまう業者がいるのも事実です。もちろん返してもらうべきお金ですので、「自動車税は返ってきますよね?」と釘を刺しておきましょう。

なお、買取でも下取りでも値が付かず、「廃車」にする場合は、残っている「自賠責保険」が月割りで戻ってきます。僅かかもしれませんが、こちらもお小遣いとして受け取るようにしておきましょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら