買取と下取り、お得なのはどっち?

「車を売却して新しい車の購入を考えているのですが、買取業者or下取り業者のどちらを利用するべきでしょうか?」と考えられる方も多くおられます。少しでも高く売った方が良いため、「お得なのはどっち?」を詳しく解説したいと思います。

まず「社外品パーツの有無」を確認してください。購入時に搭載されていた純正品ではなく、あとから好みで付けたパーツの有無、こちらも大きなポイントとなります。一般的に、よほど悪趣味なパーツでない限り社外品は買取業者ではプラス査定になる可能性があります。しかし下取り業者の場合、社外品パーツは査定対象外となりますので、純正品の保管が欠かせません、もし純正品を紛失している場合は、買取業者の方が高く買い取ってくれる可能性大です。

しかし、社外品パーツが確実にプラス査定になるとは言い切れません。人気のないパーツなどに関してはマイナス査定の対象となることも多く、やはり純正品はキレイな状態で保存しておくことが必要不可欠と言えるでしょう。

続いて、中古車が安くなる時期について考えてみましょう。中古車価格が安くなるということは、その時期に車を売っても高い査定をゲット出来る可能性が低いと言えます。一般的に、春先に大量に仕入れた在庫が残る時期、5~8月こそ中古車価格が安くなると言われています。つまり、中古車オークション市場での価格を参考にする買取業者の場合、この時期に高い査定を出すのは難しいのです。売れ残りもありますし、そんな状況で商品を高く仕入れてもメリットがないためですね。

一方、中古車オークション市場の相場に左右されにくいのが「下取り業者」です。「下取り基本価格表」を参考に買い取り金額を算出するため、上記の「高く売りにくい時期」でも査定額が大きく左右されにくいと言えるでしょう。

しかし、最も大事なのは「買取業者と下取り業者の両方(しかも複数業者)に査定を出す」ではないでしょうか?上記で解説したポイントも重要ですが、査定は人間が行う作業です。決まったルールの中だけで金額が決まるわけではないため、上記のポイントを踏まえつつも、色々な業者に査定を出す方法が最も有効と考えられるでしょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら