車の買取と下取りの違いとは?どっちが高く売れる?

新たに自動車を購入しようと検討している方の中には、お手持ちの車を買取してもらい、代金の一部に充てようと考える方もいるでしょう。

このとき、中古車買取業者で現金化する以外の選択肢として、新車購入するお店に下取りしてもらう方法があります。現金として買取代金を受け取ることはありませんが、新車購入時の代金を値引きしてもらえるので、実質的には中古車買取をしたのと変わらないことになります。

さて、こうした下取りサービスですが、中古車買取と共通している部分も多い反面、決定的に違う部分もあるので注意しましょう。ここでは新車購入を前提にして、中古車買取と下取りの2つの方法について、違いを比較させていただきます。

中古車の買取と下取りの違いはどこにある?

まず基本的な理解として、買取と下取りそれぞれについて、どういったものなのか解説しましょう。中古車の買取については、その言葉が示すように自動車を業者に譲渡して、査定に応じた代金を受け取る行為のことです。

お手持ちの車を商品として査定され、新しいオーナーに売却することを前提にして、契約を結ぶことになります。そのため、中古車の状態も大切ですが、市場価値というのも買取価格に大きく反映されることになります。

一方で下取りというのは、必ずしも商品として見られるわけではなく、場合によってはそのまま廃車になることもあります。その自動車販売店(ディーラー)で車を購入することが前提となるので、一種のキャンペーンとして下取りサービスを行っている場合もあるのです。

業者からすれば、車さえ買ってもらえば問題ないケースも多く、下取りされる中古車の価値は二の次とされるケースも少なくありません。

もちろん、下取りされた車を中古車市場に流そうとする業者もあるので、一概にこういった特徴が当てはまるわけではありません。それでも、基本的な考え方として、下取りは「新車を買ってもらうこと」が一番の目的であるのは間違いないでしょう。

メリットとデメリットは?お金が欲しい人には下取りは向かない?

下の表は、中古車買取と下取りについて、それぞれの違いをまとめたものです。

  中古車買取 下取り
目的 商品として売ること 新車を買ってもらうこと
査定 市場価値を反映 新車の価格が基準
現金 受け取れる 受け取れない(値引き対応)
メリット 車によってはプラス査定
高額買取も狙える
車の状態はあまり影響しない
決められた価格分だけの値引き
デメリット マイナス査定されることもある
商品価値がなければ買い叩かれる
見積もりがとりづらい

 

中古車買取の場合は、商品として価値のある車と判断されれば、それだけ買取価格も上がっていくのが基本です。

年式よりも状態の良い車であったり、特別なオプション品を装備した車ならば、それだけ買取価格も高くなるものです。一方で、下取りサービスでは細かい査定がされないことも多いので、大切な車の価値を十分に評価されない恐れがあるので注意しましょう。

ただ、新車購入することを決めている状況ならば、下取りを選ぶことにもメリットがあります。廃車寸前の車であっても、キャンペーンで下取りをしてもらえることも多いようです。

中古車市場ではほとんど無価値の車であっても、下取りをしてもらうことで、実質的には高額買取をしてもらうのと変わらない状況になり得るわけですね。

自分の車に価値がないと思っている方でも、新車購入と一緒に値引き査定をしてもらえるのは、手間の少なさを考えても大きなメリットと言えるでしょう。

また、買取と下取りの大きな違いとして、現金の扱い方についても理解しておきましょう。中古車買取では車をお金に変えることができますが、下取りはあくまで値引き対応しかされません。

まとまったお金を手にして、じっくり車を選ぶというような行為が、下取りサービスではできないので注意しましょう。

あくまで「この業者で車を買う」と決めた人が対象となるので、下取りを選択する場合は、新車の購入先も決定していることが大前提となります。

下取りは選択肢を狭くする!結論を伸ばしたいなら中古車買取がおすすめ!

ここまで両者の違いについて解説してきましたが、結局のところ、どちらを選んだ方が良いのでしょうか。はっきり言ってしまうと、特別な事情がない限りは中古車買取を選んだ方が無難だと思われます。

先述したように、下取りというのは中古車の引き渡し先だけでなく、新車の購入先も同時に決めることになります。その業者の下取り価格が妥当であるかどうかに加え、新車価格についても納得をしておかないと、トータルで損をする可能性があります。

中古車買取の場合は、買取先と購入先を別々にして考えれば良いので、それぞれで見積もりを比較すれば済みます。ひとまず手持ちの車を高額買取してくれる業者を探し、現金を受け取ってから、新車をどこで購入するか考える余裕があるわけです。

ただし、あまりにも年式が古い車であったり、ボディがキズだらけという場合は下取りに軍配が上がる可能性もあります。

下取りの最低保証額が設定されているディーラーならば、たとえ中古車として無価値のものであっても、必ず新車の価格が値引きされますからね。中古車買取業者に二束三文で売るよりも、結果としてお得になる可能性もあるので覚えておきましょう。

多くの人におすすめしたいのが通常の中古車買取で、廃車を検討するほどの車ならば下取りも検討するというのが、一つの結論となります。

いずれにせよ、お手持ちの車の価値を把握することが重要ですから、無料の一括査定で見積もりだけしてもらうと良いでしょう。

自分では価値がないと思い込んでいただけで、実際には高額な買取をしてもらえる可能性もあるので、安易に買取をあきらめるようなことだけはしないで下さい。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら