車売却で忘れてはいけいない任意保険の中断手続きについて

自動車を購入した際、強制保険である自賠責保険以外に、自分で保険会社を選んで契約された方も多いでしょう。いわゆる任意保険と呼ばれるものですが、中古車の買取が決まった時には、きちんと中断手続きをしなければなりません。

自賠責保険ならば中古車買取業者がサポートしてくれることも多いですが、民間の任意保険については本人が行動する必要があります。

ここでは中古車買取と自動車保険について理解し、うっかり余計な保険料金を払いすぎたり、買い替えで失敗しないために抑えるべきポイントを紹介させていただきます。

細かい部分については保険会社に確認すれば良いので、まずは大まかな部分だけでも把握するようにしましょう。

車を売るときに、任意保険は解約する必要があるのか?

まず、最初に理解しておくべきこととして、中古車買取をするときに任意保険を解約すべきかどうか考えてみましょう。保険に加入していれば、その期間だけ保険料がかかりますので、一見すると解約すると損しないように思えるかもしれません。

しかし、実際はどうかと言うと、自動車保険には加入期間等に応じた「等級」というものが存在します。これは長く契約をしているほど優遇されやすく、等級が高い顧客ならば自動車保険料も安くなっていくのです。

この等級は、一度解約すると下がってしまう可能性があり、結果的に再加入したために保険料が高くなることも珍しくありません。

特に中古車買取で得たお金で、新たに新車購入を検討しているような方は、安易に任意保険を解約しないようにしましょう。こういった方は解約ではなく、中断という選択を取り、一時的に自動車保険の料金発生を止めることがベストです。

新車購入後は等級も引き継がれ、今までどおりの保証を引き継げますので、再加入するよりも安心して利用できることでしょう。

自動車保険の中断証明書を発行してもらうには?

任意保険を一時的に中断する場合、そのことを証明する書類を発行してもらい、車を乗り換えるまで保管しておく必要があります。この書類を「中断証明書」と呼びますが、保険会社によって違いはあるものの、申請書を郵送する必要がある場合が多いです。

大まかな流れとしては、まず電話で自動車保険会社のサポートセンターに電話をして、乗り換える予定があることを伝えましょう。

最近では申請書をインターネットで手に入れることが可能な場合も多いので、問い合わせたその日に申請できる可能性が高くなっています。

このとき、保険中断の申請書とは別に、自動車の譲渡を証明する書類が必要になることもあります。売買契約書のコピー等が譲渡証明として扱われることがあるため、何が必要なのか、しっかり問い合わせておく必要があります。

以上の手続きを踏むことで、中断証明書を後日郵送されるはずです。あとは新車に対して引継ぎの手続きをすることになりますが、実質的には中断状態を解除し、再開するだけで済むと考えて結構です。

再加入するよりは手続きが簡素化されていますので、面倒なのは中古車を手放す時だけだと考え、後回しにしないように早めに問い合わせておきましょう。

中古車を買取してもらった場合、解約すれば保険料は返ってくるのか?

ここまで新たに自動車購入することを前提にして、任意保険の中断手続きについて解説させていただきました。ただ、中古車買取をする人すべてが買い替え目的ではなく、自動車保険を完全に解約したいと考える人もいるはずです。

そういった方は中断手続きではなく、正式に任意保険の解約をするべきですが、既に払った保険料はどうなってしまうのでしょうか。

まず、強制保険である自賠責保険についてですが、中古車買取では返還されないと考えてください。廃車の場合は日割り計算での返還が認められていますが、そうではない場合、まだ自動車は存在することになるので自賠責保険は生きたままになるのです。

中古車買取業者の中には、自賠責保険の残日数に応じて買取金額に上乗せされることもありますので、よく確認をしておきましょう。

続いて任意保険に関してですが、これも契約内容に依る部分が大きく、一概には言い切れません。1年分を一括して払っているようなケースならば、その月までの契約扱いとなり、残りの期間を返還してもらえる可能性が高いです。

一方で、毎月の分割払いをされている場合は、その月の支払いで請求がストップするのみで完結する可能性もあります。

いずれにせよ、何万円も損してしまう恐れは低いので、解約予定が決まった時には自動車保険会社に確認を取ることを忘れないでください。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら