中古車の売却の契約後にキャンセルは可能?

中古車買取を決意し、契約を結んだものの、様々な事情でキャンセルをしたくなる場合も考えられます。こういった時、契約を破棄して車を取り戻せるかどうか、法的にはどのように扱われるのでしょうか。

ここでは中古車買取の現場で、キャンセルが認められるかどうかについて、解説をさせていただきます。

電化製品の買取とは違い、手間やコストが大きくかかる中古車買取では、注意すべき点が多いことを理解するようにしてください。

中古車買取のキャンセルはいつまで?とにかくスピードが大事!

中古車を買い取るとき、まず最初に契約書のような紙面を通じて、きちんとした契約を交わすことになります。これによって買取業者は車を受け取る権利を手にして、顧客が持ってきた車を引き取ることが可能になります。

買取代金の支払いは後日というのが一般的ですが、自動車の保有権自体は買取業者へと移るわけです。

納車された中古車というのは、買取業者が工場へと持ち出し、細かいチェックや修理が行われます。当然ながら、こういった作業には費用がかかるものですので、途中キャンセルをされると損をしてしまいます。

ほとんどの中古車業者では、もうこの段階に入ってしまうと、キャンセルをしても応じられないケースが多くなっています。

やむを得ない事情があったとしても、業者側を説得するのは困難でしょうし、既にかかった費用をキャンセル料として請求される可能性もあります。

言い換えると、まだ業者側にコストが発生していない状況ならば、キャンセルをできる可能性は十分にあるということです。例えば、契約書を交わしたものの、まだ入庫していないのであれば、業者側は何ら費用を負担していません。

契約を破棄するだけで済む話ですので、キャンセル料を要求されることもありませんし、業者側に請求権も存在しません。

契約をしてから日時が経過するほど、キャンセルできる見込みが薄くなってしまいますので、とにかく急いで連絡を取ることが大事だと覚えておきましょう。

中古車の買取でのトラブル!キャンセル料を要求されるのは合法?

通常であれば、中古車買取の契約書には、キャンセルに関する取り決めが記載されていることでしょう。買取業者ごとに条件は異なりますが、キャンセルが認められる条件についても、明確にされていることが多いものです。

業者側が契約内容に変更を求める場合など、顧客の自己都合によるキャンセルではない場合については、車の返却に応じられる余地があります。

代表的な例として、契約をした時点での査定金額から、業者側が減額を申し入れる場合が挙げられます。実際に車を受け取ってから、査定時に気づかなかった故障を発見し、買取金額を下げようとするケースです。

これについては、業者側が契約内容の変更を求めるわけですので、顧客側にも拒否する権利があって当然です。

こうしたパターンでのキャンセルについては、業者側に責任のあることですから、ペナルティとして顧客が金銭を負担することはありません。

もしも、キャンセル料の要求を脅し文句に使ってきたら、詐欺として訴えることも強調して良いでしょう。

それに対して、顧客側が自己都合でキャンセルを依頼する場合、これはお金を要求されても仕方ありません。既に契約をしたものですから、業者側には応じる義務はありませんし、車の搬送や点検などでコストもかかっています。

仮にキャンセルに応じるとしても、相応の料金を受け取らなければ、損害を受けてしまうことになるでしょう。

このあたりは明確に金額を出さずに、業者と顧客での交渉次第と考えてください。キャンセル料を請求する側にも、相応の理由があってのことですから、喧嘩腰にならずに粘り強く誠意を持って交渉すべきです。

キャンセルをしないことが最も大切!買取契約は慎重に交わしましょう!

ここまで中古車の買取キャンセルについて、どこまで認められるものなのか解説させていただきました。簡単にまとめてしまうと、買取業者が損をする段階に入ったら、可能性は低くなるということです。

時間が経てば経つほど、業者も販売に向けて様々な手続きを踏んでいきますから、キャンセルされると困ってしまうことでしょう。自動車の売買契約というのは、クーリングオフの対象外として扱われるので、失敗は許されないと考えてください。

買取キャンセルでトラブルになったり、余計な出費をしてしまわないためには、やはり契約はきちんと考えてするべきです。ちょっとした気分の変化で後悔してしまうようなものならば、そのような買取契約を結ぶのは避けなければなりません。

査定金額が満足できるものかどうか、契約後の手順について納得できるかどうか、あらゆる部分について契約前にしっかり理解しておく必要があります。

そのためには、基本的な知識を理解しておくことも大切ですし、疑問点は全て解決するくらいの心構えが求められます。

また、その買取業者と契約するのが妥当かどうかは、他の業者と細かく比較をしなければ判断できないものです。

一括見積もりサイトを使って、他の業者がどのような査定をしているのか調べておき、最も納得できる条件を提示した業者を選ぶと良いでしょう。

キャンセルの方法を慌てて調べなくても済むように、契約段階で自動車を手放す決心がつくように、曖昧な気持ちで中古車買取をしないように心がけてください。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら