車を売却するとき費用や手数料って発生する?中古車買取の費用について

自動車を購入する場合、表示されている価格だけを見ていては意味が無いと、既にご存知の方もいるでしょう。

諸経費という名目で、色々と料金が加算されていき、本体価格に数十万円ほど上乗せされることも珍しくありません。

では、中古車を買取してもらう場合については、どうなのでしょうか。ここでは中古車売買で常に付きまとう手数料について、下取り・買取の両面から解説させていただきます。

中古車買取で手数料は発生することは少ない

中古車を購入するとき、業者の規模を問わず、ほとんどの場合は手数料が発生します。車両登録に関する経費を中心に、本体価格とは別にお金を払う必要が生じるので、総額表記を別にしている業者も多いでしょう。

一方で、車を売る場合はどうかと言うと、基本的には査定で出た買取価格がそのまま振り込まれることになります。車の移送費や、名義変更で発生する経費についても、買取価格に反映した上で提示されるのが一般的でしょう。

大手中古車買取会社を例にすれば、アップル等では手数料の棒引きはされません。他の中小企業に関しても、中古車の買取でわかりづらい手数料を求めるところは、あまりないと考えて結構です。

ただし、通常は手数料を引かれない業者であっても、例外的に経費を請求される場合もあるので注意しましょう。例えば、故障して動かなくなっている車(不動車)を買取してもらう場合、移動させるのに多額の経費がかかります。

それに対して車の価値はほとんどゼロに等しいので、業者も仕方なく手数料を受け取った上で引き取るケースがあります。

廃車買取を専門とする業者であれば、こういった形での値引き・請求が発生する可能性があるため、きちんと事前に確認するようにしましょう。

下取りの場合は、買取と違って経費を負担させられることが多い

中古車買取では業者側が経費を負担するのが一般的ですが、下取りによる新車購入については別であると理解しておきましょう。

下取りの場合、新車購入とセットでの契約になるので、料金の設定が複雑になりがちです。

新車購入費用と一緒にして、下取り車の名義変更・整備費についても、一緒に含んでしまうディーラーも珍しくありません。中には、査定の手数料まで請求されることもあるため、通常の買取よりも注意しなければなりません。

例えば、下取り価格が30万円で、買取査定が20万円の車があったとします。単純に値段だけを比較すれば下取りした方が得に思えるでしょう。

しかし、新車購入費用に「下取り査定手数料」や「名義変更手数料」という名目で、合計12万円の諸経費が加算されていたらどうでしょうか。

実質的な下取りの値引き価格は18万円となるので、普通に買取してもらった方が得ということになります。

下取りサービスをしているディーラーというのは、新車購入の宣伝も兼ねて実施していることがあるので、査定価格だけは高く提示する傾向にあります。

ただ、新車の価格に上乗せされる形で経費を引かれてしまっては、何も意味がありません。下取り価格の査定結果だけで早合点せずに、新車購入価格や手数料との比較もして、買取する場合と比べるように心がけましょう。

下取り諸費用にはどのようなものがある?

ここまで中古車買取と違って、下取りには経費がかかる恐れがあると説明してきました。必ずしも全ての場合に当てはまるわけではありませんが、現在の中古車市場を見てみると、買取よりも下取りの方がわかりづらくなっています。

【下取諸費用の主な例】

名目 内容
名義変更手数料料下取車を業者名義にするのにかかる費用
査定手数料 整備士の人件費など
納車費用 車を引き取るのにかかる費用
印紙代 各種手続きで必要な収入印紙の代金

 

さて、上の表では下取諸費用(手数料)について、よくある例をまとめています。特筆すべきなのは、やはり査定手数料や名被変更手数料でしょうね。

買取では業者が負担して当たり前のものですが、下取をするとこういったものも発生する可能性があります。もちろん、諸経費を含めても買取よりお得になる下取サービスも存在します。

もしも下取の契約について交渉しているときに、上の表のようなキーワードが出てきたら、実質的には下取り価格の棒引きであると考えましょう。

こういった諸経費が小さい業者があれば、表面上の下取り価格が安かったとしても、結果的には高額査定してくれていると言えます。

見かけの価格だけに惑わされることなく、一括査定サイト等のデータも見ながら、より多くの比較をしながら検討するのが得策でしょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら