買取額をアップさせる賢い交渉術

即決することを避けて、何社か査定を出す

車の売却に関しては、様々な注意点があります。「やっておきたいこと」もあれば「やってはダメなこと」もあるでしょう。しかし、「やってはダメなこと」の代表例としては、「1社だけで売却を即決すること」だと言えます。

車を売る方からすれば、出来るだけ高い価格で買い取って欲しいものです。また業者からしても、買い取った車は「商品」となるため、出来るなら交渉を成立させて帰りたいものです。そこに様々な「鬩ぎ合い(せめぎあい)」があり、高額査定をゲットする可能性が秘められていると考えておきましょう。

車買取業者にとって、「1社だけで簡単に即決してくれる人がいる」は大変ありがたいことです。特に「中年男性」の方に多い話と言えますね。中年男性の場合、ある程度の社会的地位もあります。プライドだってあるでしょう。だからこそ、「粘るのは恥ずかしい」と考える傾向にあり、業者が提示する金額の意味も考えずに即決される方が多いのです。

車買取業者が最初に提示する金額というのは、当たり前ですが「相場より少し安い値段」ということになります。利益幅を拡大するには、買取額を低く抑えるのが最も効果的ですから。しかし、相場通りの価格で買い取ってもちゃんと利益が出る仕組みとなっており、その差こそ、「査定アップ」の大きなポイントとなるのです。

たとえば、相場の買取額が「50万円」とします。一方、業者が最初に提示してきた金額は「43万円」とします。この差、「7万円の差」こそ、交渉次第でアップできる金額と言えるんですね。

そこで、必ず複数の業者に査定を出すようにしておきましょう。また査定の担当者に、「他の業者にも査定をしてもらうから、今日は即決できないよ」と伝える方法も効果的です。「どうしよう…、安い価格を提示したいけど、他の業者がそれより高い値段を付ける可能性がある…」と業者は考えるため、「無駄に安い価格の提示」を防ぐ抑止力となります。もちろん最終的には、複数業者の査定の結果を見て最も高い値段を付けてくれたところに売却しておくと良いですね。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら