買取額をアップさせる賢い交渉術

車の良い点を積極的にアピールする

車を買取業者に査定してもらう場合、業者はあなたの車の色々な部分を見て査定金額を計算します。当然、私たちからすれば少しでも高い査定を付けて欲しいですよね?そこで、「車の良い点を積極的にアピールする」という戦略を使ってみましょう。

車の査定は、あくまでも「査定」です。「点検」ではありません。医者の世界で例えると、査定が「診察」だとすれば、点検は「人間ドッグ」という感じでしょうか。つまり、点検と同じ個所を見るのですが、点検ほど深くは見ないのが査定なのです。だからこそ、査定では見えない深い所に眠っている「良い点」をアピールすることで、高額査定を導き出せる可能性があるのです。

しかし、具体的にどのような点をアピールすれば良いのでしょうか?素人考えでは、「走行距離が少ない」や「掃除をこまめにしている」などが思いつきますが、この程度は査定で十分見える範囲です。そこで、下記のアピールポイントを参考にして下さい。

■定期的に整備してきたことを「整備手帳」でアピール
■「分解整備記録簿」でパーツの細かい部分の不備がないことを証明する
■修復歴がゼロであることを提示する
■禁煙車
■運転時は専用の靴(サンダル)に履き替えている
■同乗者も車に乗る時は靴を脱いでもらっている
■純正品パーツを保管している(社外品パーツを付けている場合)
■カーナビやオーディオが問題なく動作することを見せる
■タイヤの交換頻度が低いことを伝え、丁寧に運転していることをアピール


ズラッと並べてみましたが、私たちにもこれだけ多くのアピールポイントがあるのです。また、「アピールの方法」によっては、さらに効果を高めることが可能かもしれません。その秘訣は、「人懐っこいトーク&ため口」にあります。

買取業者は、売却希望主の「高飛車な態度」には慣れています。「もっと高く買ってよ!!」という態度では、軽くスルーされてしまうでしょう。しかし、「人懐っこいトーク&ため口」に対しては、免疫を持っていない担当者が多いと言えます。

「けっこう丁寧に乗ってきたんだよね。これ見てよ。あなたはプロだから分かるでしょ♪」

このように、高飛車や押し付けではなく、あくまでも人懐っこい感じでため口を叩いておきましょう。

車の売却は、売主がこちらであるため、優位に立っているのは私たちなのです。最終的に私たちが「NO!」と言えば、業者は帰るしかありませんから。しかし、高く売るためには「車を売る」ではなく「車を売り込む」という、一種の「営業」に近い態度が求められるのです。だからこそ、「優位である=ため口」と「営業として売り込む=人懐っこいトーク」の両方が有効と言えるでしょう。女性の方には難しいかもしれませんが、男性であればぜひ実践しておきたいテクニックと言えます。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら