車の査定でチェックされるポイント

チェックポイント その1

車の売却に関して、査定担当者はあなたの車の「どの部分」を見るのでしょうか?もちろん、「様々な部分を見る」になるのですが、最初にチェックされるべきポイントは「車種・年式・グレード」となります。しかし、なぜ査定士は上記のポイントを最初に見るのでしょうか?その背景には、「買取額のベースを計算する」という理由があります。

車を買い取るにしても、一定の目安となる金額が必要です。基本的には中古車オークション市場での価格が目安になるのですが、当然それより安い金額で買い取る必要があります。また上記の3つのポイントは、「車の所有者ではどうにもならない部分」でもあります。魔法でも使わない限り、年式を変えることは出来ませんし、車種だって所有者の意思で変更することなど出来ません。

このように、車の持ち主に関係ない「最初から決まっている部分」を見ることで、目安となる買取金額を頭の中で計算しているのです。そこからエンジンや走行距離などを見て、状態が悪ければマイナス査定になり、状態が良ければプラス査定となる仕組みです。

ここで1つ、皆さんに知っておいて欲しい点があります。前述の通り、車種やグレード、年式に関しては所有者の意思で変更することは出来ません。だからこそ買取金額のベースになるのですが、ここでいくら粘ってもプラス査定になることは考えられないでしょう。

プラスorマイナスになるのは所有者の意思でどうにかなる部分、つまり走行距離や事故歴の有無なのです。変更できない絶対的なポイントに関しては、「○○円!」とすでに決まっており、そこで交渉する価値は低いと言えるのです。

したがって、車種やグレードに関する低い評価は諦めて、そこから少しでもプラス査定が引き出せるようなアピールをすることが重要です。「どれだけ丁寧に扱ってきたのか」や「整備手帳を見せて定期的に整備していることを証明する」も良いでしょう。「事故歴がゼロ」も立派なアピールとなりますよ!



チェックポイント その2

「走行距離の長さ」は最も分かりやすい査定ポイントでしょう。査定士は、まず車種やグレード、年式などの点を確認します。車の所有者では「どうにもならない部分」であり、ここで買取金額の目安がはじき出される仕組みです。その後、プラスorマイナスになる査定ポイントを見て行くのですが、走行距離は「2番目に見るポイント」と言っても過言ではないでしょう。

プラスorマイナスの査定幅も大きく、基本的には「標準年間総距離」が計算ポイントになってきます。標準年間総距離とは、一般的なドライバーが年間で走行する距離の平均値であり、「年間6500キロ」と覚えて下さい。もちろん総距離自体が大きな査定ポイントなのですが、平均的な走行距離よりも少ない場合はプラス査定になる可能性があります。

と、ここで絶対にやってはいけない部分を解説します。車の売却希望者の中には、メーターを巻き戻して走行距離をごまかそうとする方がいます。もちろん、その場の査定で騙すことが出来ても、後ほどの細かいチェックでは絶対にばれるのです。

そうなった場合、当然ですが売却して受け取った金額の返金要求が来ますし、最悪のケースで「損害賠償請求」が来ることになります。業者はボランティアで車を買い取っているわけではありません。あくまでもビジネスとして買い取っているわけですから、商品自体でウソをつくのはご法度です。ちょっとしたウソから大きなトラブルに発展するケースも報告されていますし、そもそもウソをついた方が悪いため、それだけ駄々をこねても通じるはずありません。ウソをついただけの罰を受けることになるでしょう。くれぐれも、メーターの巻き戻し行為はやらないようにして下さいね。



チェックポイント その3

ボディカラーに関する査定アップ術も学んでおきましょう。

基本的には、「人気のあるカラーor不人気なカラー」が重要なポイントであり、さらに「色あせの有無」も細かくチェックされます。色あせに関しては、ワックスをかけるなどの方法で対処できますが、もともとのボディカラーに関しては売却時にどうすることも出来ないですよね?だからこそ、購入時に「将来に中古車として売却することを考えたカラーの選択」をしておきたいのです。

ここで大きなポイントがあるのですが、出来ればシルバーや黒系などの「人気の上下が極めて少ない色」を購入時に選ぶことが大切です。というのも、ある車が開発・発売開始になった時、最も売れるカラーが「テレビCMやポスターで使用された色」になるのです。「この色、良いじゃん!」という感じで、カラーを選択される方が多いんですね。

しかし、よ~く考えて下さい。テレビCMやポスターで使用される色は、赤やピンクなどの「カラフルな色」が多いのです。登場するタレントやモデルと合わせた時に鮮やかに映る色であり、もちろん撮影前には徹底してピカピカにされた状態となっています。

このようなカラフルな色は、人気の上下が非常に大きく、中古車として売却する時に不人気カラーになっている可能性が高いと言えます。しかも、その車が発売された当時には同じ色を選んだ人が多いのです。つまり「不人気カラーになっている可能性がある+多く出回っている」のダブルパンチで、高額査定にならない可能性を視野に入れておきましょう。

だからこそ、シルバーや黒系等の「定番の色」を購入時に選んでおくことが大切なのです。「将来に売却することを視野似れた色の選択」が重要なんですね。



チェックポイント その4

車を売却する時に出す査定においては、「装備品」や「オプション」も査定の対象となります。たとえば車の本体にはほとんどダメージがないのに、「エアコンの調子が悪い…(壊れている…)」ではマイナス査定となります。そこで、装備品でのマイナス査定を防ぐためにも、ぜひ査定前に修理に出しておきましょう。

装備品は、車の走行自体とは何の関係もありません。したがって修理したとしても、それが「修理歴」として大きくマイナスになることは少ないでしょう。ただし、仮に修理に大きな出費が伴う場合は、あえて調子の悪いまま(故障したまま)の状態で査定に出す方法もあります。

たとえば、エアコンの修理で査定が5000円アップするとしましょう。しかし修理自体に1万円かかっているのなら、「差し引き5000円のマイナス」となってしまいます。つまり、修理額と査定アップの幅とのバランスを考慮することが求められるんですね。

また、車を購入したときの「オプション」も査定の対象となります。カーナビをオプションとして付けている場合は、それを付けたまま査定に出す方が有利と言えます。一方、「このオプションを外したら査定にどれだけのマイナスが出ますか?」と確認しておくことも重要だと言えるでしょう。仮に、3万円のカーナビをオプションとして付けており、外しても1万円のマイナスにしかならないとします。この場合は外した方が単純計算で2万円の得となりますので、新しい車の購入した際に付け替えた方が有利と言えますね。

このように、車種や走行距離とは関係のない装備品やオプションですが、思わぬ査定アップorマイナスになるケースもあります。修理するべきなのか?あるいはそのまま査定に出すのか?さらに、オプションの有無での買取金額の変動はどうなのか?これらの点を総合的に考慮しておくようにしましょう。



チェックポイント その5

修理歴のある車の場合、査定も大きくマイナスになると考えておきましょう。特に、ドアやボンネット、トランクなどの本体の根幹にかかわる部分の修理歴に関しては、「そんなに引かれるの!?」と思われる方も多いようです。もちろん、どれだけ交渉しても「修理歴がある=大きなマイナス査定」は覆りませんので、他のアピールポイントで挽回するようにしておきたいものです。

ところが、ここでちょっと困った方もおられます。上記の通り、修理歴の有無は査定額に大きく影響してきます。出来るなら修理歴を隠しておきたいですよね?その気持ちは痛いほど理解できますが、ドアやボンネットなどの根幹にかかわる部分の修理歴に関しては、むしろこちらから申し出るようにしておきましょう。相手から突っ込まれる前に、自分から申告することが重要なのです。

というのも、査定士は1日に多くの台数の査定を行います。したがって、チェック項目が書かれた書類を頼りにサクサク査定していくのですが、それゆえに「見落とす」ということもあります。つまり、「修理歴を隠し通せる可能性がある」ということなんですよ。

しかし買い取られた車は、後ほど厳しい目を持った複数人のプロによって再度のチェックを受けます。仮に査定士の目をごまかすことが出来たとしても、確実に後からばれることになるんですね。

こうなると大変です。「修理歴が見つかった」となりますので、あなたが受け取った代金を返還するよう求められます。もちろん、裁判をしても意味がありませんよ。裁判費用だって馬鹿になりませんし、隠したのはあなたなのです。査定士からの「修理歴はありますか?」の質問にウソをついたあなたに責任があるため、返金要求には絶対に応じなければいけません。

仮に、その要求を無視するとなると、今度は業者から「損害賠償請求」が来るでしょう。業者だってビジネスとしてあなたの車を買い取っているわけです。無駄にウソをついて相手をだますとなると、それ相当の「しっぺ返し」を食らうことになるんですね。ぜひ気を付けておきましょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら