高額査定を決める10のポイント その7

人気色・不人気色をチェック

車にも「人気色」と「不人気色」があります。仮に、あなたの今の車の色が「人気色」であった場合、一般的な相場よりも高く買い取ってもらえる可能性が高いと言えます。

一方、「車種は人気、年代も新しい」にもかかわらず、カラーが「不人気色」であるなら、査定額も少し安くなってしまうでしょう。もちろん、車の状態や年代、車種などが主な査定ポイントになるのですが、外装のカラーも重要な査定ポイントとして見られることになるのです。

そこで、車のカラーについてのアドバイスを紹介したいと思います。ポイントは、「宣伝に惑わされるな」という点です。

車のカラーについては、特に女性の方が気にされる傾向にあります。「可愛い色」にこだわる方が多いんですね。もちろん、ご自身の気に入った色を選ばれることに否定はしませんが、ここに一種の「落とし穴」があることをご存知でしょうか?

メーカーに限らず、各車種には「多く売れる色」と「売れない色」があります。多く売れる色とは、「テレビCMやポスターで見た色」になるんですよ。テレビCMやポスターなどでは、お客様の気を引くために鮮やかでカラフルな色を使用します。印象に残りやすくするためですね。したがって、新車市場ではテレビやポスターで使用された色の車が多く売れることになるのですが、これが最大の「落とし穴」と言えるのです。

多く売れたということは、その後の中古車市場でその色が多く出回るということです。しかも、もともとはお客様の気を引くために使用された「カラフルな色」なのです。売れた当時はそれで良かったかもしれませんが、カラフルな色はトレンドの流動性が激しく、中古車市場に出回る頃には「飽きられている」というケースがほとんどです。

つまり、具体的な色ではなく、「新車市場でのカラフルな色」こそ、本当の意味での「不人気色」と言えるのです。

したがって、色にこだわって車を購入されるのは良いのですが、くれぐれもテレビCMやポスターに惑わされないようにしておきましょう。また、色にこだわらない方であれば、無難なシルバーなどを選んでおけば良いと思います。時代を問わず、変わらない人気を持つ色であるためです。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら