高額査定を決める10のポイント その3

キズやヘコミは直した方が良い?

「キズ」や「ヘコミ」は当然、マイナス査定となってしまいます。したがって、見た目にもすぐに分かるようなキズやヘコミは、直してから査定に出した方が良いでしょう。

しかし、「何でも直せば良い」というわけではありません。ポイントを以下にまとめてみました。

■見た目にもすぐに分かるキズやヘコミは直す
■修理費と査定アップの費用対効果を考える
■小さなキズであれば、あえて洗車せずに査定に出す


まず1番目の項目ですが、これは誰でも分かる「当たり前のポイント」ですね。見た目にもすぐに分かるキズやヘコミは大きなマイナス査定となるため、直してから査定に出すようにしておきたいものです。

しかし、修理に関して注意すべきは2番目の項目です。たとえば、キズやヘコミの修理に10万円もかかるとしましょう。これでは査定アップになったとしても、その費用対効果はあやしいことになります。仮に査定額が5万円しかアップしないなら、修理額と差し引き「5万円」が損になってしまいますので。一方、修理に1万円程度しかかからないのであれば、むしろ修理してから査定アップを狙った方が賢いと言えます。

さて、気になるのが3番目の項目だと思いますが、「ごく小さなキズ」であれば、あえて洗車をせずに査定に出す方法があります。「洗車していない」は直接的なマイナス査定にはならないのですが、査定担当者の印象は悪くなってしまいます。

しかし、洗車してから2~3週間程度たつと、ボディの表面に薄いホコリやチリの「膜」が出来ることになります。この膜が、ごく小さなキズを隠してくれる効果があるのです。少し「セコイ方法」という感じもしますが、査定アップにつながるなら「実践する価値あり」と言えるでしょう。

ところが…、このセコイ方法が通用しない業者もいます。買取業者の中には、「あなたから車を預かって査定する」というケースもあるのです。上記のような「セコイ真似」を防ぐため、預かって軽く洗車してから査定する業者のことですね。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら