買い取りできない、値段がつかない車は廃車にするしかないの?

中古で車を売るつもりであっても、何らかの事情で自分の車が売れないのではないか心配されている人もいるでしょう。

例えば大きな故障を抱えている車であったり、事故で破損したままの車であったり、色々なパターンが考えられます。

こうした車について、中古車として買取してもらえるのか、それとも廃車するしかないのか、線引が難しい部分は存在します。

ここでは値段がつかない車について、それでも買取を模索するべきか、あきらめて廃車すべきか検討することにしましょう。

お金にすることは難しくとも、手放すためにコストをかけずに済むことも可能なので、安易に自分の車の価値を否定しないようにしてください。

買取できない車の特徴はどんなもの?

まずは、中古車市場において買取できない車というものを、きちんと認識することにしましょう。ここで示す「買取できない」という言葉は、値段がつかないという意味ではなく、単純に引き取ってもらえないという意味です。

お金は要らないから引き取って欲しいと願い出ても、それすらも叶わない車も存在することを覚えておいて下さい。

最もよくある買取拒否される事例としては、必要な書類がきちんと揃っていない場合が挙げられます。これはどんなに状態の良い車であっても、法律で買取することができないので、必要書類は用意してもらうしかありません。

車検証や自賠責保険証、それに納税証明書といったものは、確実に揃えておくことが求められます。

その次に挙げられる要因が、車そのものの状態が著しく悪い場合です。まったく走らない車(不動車)であったり、外見が酷く変形しているような場合、やはり売り物としての価値はなくなってしまいます。

また、いわゆる走り屋の人が乗るような改造車であっても、限度を越えると買取拒否をされることがあるようです。

業者によっては自社で修復して売ろうと考えるところもありますが、コストと対価のバランスを考えて、買取を拒否されるケースも発生することでしょう。

それでも、多少の変形や故障であれば、ほとんどの業者が買取金額の減額という形で応じてくれるはずです。

買取で値段がつかない車をどうするべきか?

中古車買取や下取の査定では、0円査定というものもあります。これはそのまま「値段がつかない」という意味ですが、買取そのものは応じてもらえます。タダなら引取してくれるということで、最初からお金を期待していない人であれば、こうした選択を取ることも1つの手でしょう。

廃車の手間もかかりませんし、車を手放すことそのものが目的であれば、値段がつかなくても引取してもらえる業者は貴重な存在に鳴ります。

この手の0円、あるいは格安の買取をする業者というのは、分解してパーツを横流しすることを目的としているケースが多いです。

どんなに不具合を抱えていても、車は車なんだからお金を払って欲しいと思われるかもしれませんが、バラバラにしないと価値がないと業者も判断しています。

素人が手を加えただけでは、ほとんどお金にはならない現実には変わらないので、こうした格安で買取する業者にも一定の需要が存在するわけです。

もしもネットの一括査定サイトなどで、買取不可と判断されたり、0円査定が目立つようであれば、自分で廃車するか格安で手放すかの二択になります。

値段がつかない現実を十分理解したのであれば、廃車をするよりは業者に引取をお願いしたほうが無難かもしれませんね。

中には無料でレッカー移動してくれる業者もありますので、自己負担がゼロで手放せるのならば、実質的には得したことになる場合も考えられます。

廃車費用と比較をしていき、お住いの地域の事情なども考慮しつつ、最終的な結論を出すようにして下さい。

買取不可車であっても、廃車手続きは慎重に!

中古車として買取できない車については、廃車という道を選択することになります。解体業者に依頼するわけですが、この業者選びもいくつかの候補から選び出すことが望ましいでしょう。

数千円程度の負担で済むような解体業者もあれば、なにかと理由をつけて手数料を求められる場合もあるので、前もって確認しておくようにして下さい。

このとき、陸運局で廃車手続きを自分でしてしまえば、業者に払う手数料を安く抑えることができます。近くに陸運局の窓口がある人は、業者に代行してもらう場合と比較をして、どちらが得かを検討するようにしましょう。

廃車手続きの必要書類としては、車検証とナンバープレート(前後2枚)、それに実印と印鑑証明書の4点が必要となります。また、自動車税の還付基準を満たしている場合には、支払先となる銀行口座の情報もメモしておくようにしましょう。

軽自動車の場合は陸運局では受け付けてもらえず、軽自動車検査協会という別の団体に申請することになります。こちらであれば、実印と印鑑証明書は必要とならずに、認印だけで済むので手軽です。

自動車税や自賠責保険の残り期間が長ければ、それだけ返還される金額も大きくなります。解体業者に任せる場合でも、戻ってくる金額についてはきちんと確認をして、最終的にどれだけのお金を負担することになるのか把握しておきましょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら