事故車・修復歴車でも売れる?修復歴を隠して売ったらどうなる?

自動車の売買において、「事故車」あるいは「修復歴」という単語が多く用いられます。中古車の購入を検討した経験がある方ならば、こうした言葉を意識したことがあるでしょう。

これから車の買取を考えている方であっても同様で、お持ちの中古車がどのような評価をされるのか、気になっているかもしれません。

さて、こうした事故車・修復歴という言葉についてですが、実は厳密な定義がされていることを御存知でしょうか。なにげなく使っている用語とはいえ、個々人のイメージだけで語られることも多く、誤用されているケースも見受けられます。

きちんとした定義を理解すれば、実は自分の車が事故車ではなかったと気づいたり、修復歴のカウントがされないと初めて知ることもあり得るのです。

修復歴とは何なのか?修理をしただけではカウントされない!

修復歴という用語についてですが、これはすべての部位やパーツが対象となるわけではありません。例えば、キーシリンダーやドア部分のように、走行とは直接的な関係をしない部分の修理はカウントされないのです。

自動車査定協会などの団体が、修復歴については統一基準を設けており、それに定められた部分を修理・交換した経歴があるかどうかで決定されます。

具体例としては、上の図で指し示したように、フレームやピラー等が修復歴としてカウントされる部位になります。こうした部位に何かしら手を加えたことがあるのであれば、その中古車は「修復歴のある車」と定義され、買取査定の結果に反映されるわけです。

中古車販売業者が修復歴車として扱っている車というのは、上の図にある部位の何かしらに、破損を受けたことがある車ということになります。

もしも買取に出そうとする車が、上記のいずれかに破損をした履歴があるならば、修復車としての扱いを受けると思ってください。破損の度合い等にかかわらず、全国共通の基準で定義されていることなので、評価を覆すことは難しいでしょう。

言い換えれば、いずれの部位も修復していないのであれば、どれだけ手を加えていようと修復車には当てはまりません。買取査定で買い叩くために、修復車扱いをしようとする業者も稀に存在しますので、安易に納得しないようにしましょう。

事故歴と事故車の関係は?意味が全く異なるので注意しましょう

続いて「事故歴」という言葉について解説させていただきます。こちらは一般的なイメージと同じように、過去に事故を起こしたことのある車が対象になります。

ちょっとした自損事故であっても、それは事故歴にカウントされますし、レッカー移動の伴う大事故についても同様です。

ただし、事故歴がある車のことを「事故車」と定義しているわけではないので、誤解をしないようにしてください。事故によって故障が発生したとしても、修理で走れるようになったのであれば、それはもう事故車ではありません。

修復歴にカウントされることはあっても、問題なく公道を走れるのであれば、事故車扱いをされることはないのです。事故車専門の買取業者というのもありますが、修復した車は事故車とは違いますので、混同して申し込まないようにしましょう。

要約すると、事故車というのは事故で走れなくなった車を指す言葉で、使い物にならない車両を意味するのです。事故歴の有無とは別の話になりますので、定義を誤解したままで買取契約を結ばないように注意し、うっかり安い買取金額で契約しないように気をつけてください。

修復歴や事故歴は告知義務がある?

ここまで誤解されやすい言葉の定義について、中古車買取の市場ではどのように扱われるか説明させていただきました。いずれもハッキリと基準が設けられていることばかりですので、条件に当てはまれば100%で修復歴・事故歴が発生するということです。

お手持ちの車について経歴を見直し、カウントされるものが存在するかどうか、買取査定の前にチェックするようにしましょう。

では、もしも何かしらの条件に合致してしまう場合、それを買取査定で申告する必要があるのでしょうか。これについては、ハッキリと「告知義務がある」と言わざるを得ません。

買取査定の段階では、業者の雇っている査定士がチェックをしますので、誤魔化しきれるものではありません。

また、契約の段階で虚偽申告について触れられているのが一般的で、後から発覚した場合には買取金額が下げられるのが普通です。

バレるまで黙っていれば良いわけではなく、自分の手に入る買取額を少なくしてしまう恐れがあるので、良いことは何もないと考えてください。

どこまでが虚偽申告にあたるかどうかは、ケースバイケースなので、業者や度合いによって異なるでしょう。特に修復歴については、本人が理解をしていないこともあり得る話なので、後からわかったからと言ってペナルティがあるわけでもありません。

それでも素人目から見ても悪質と判断される場合、買取契約が不利になることは避けられませんので、申告できる情報があれば伝えておくことが必要だと認識しておきましょう。

修復歴や事故歴があっても中古車買取は可能

仮にお手持ちの車に修復歴・事故歴があったとしても、中古車として買取できないわけではありません。また、買取金額の減額についても、必ず大幅にマイナスされるわけではなく、厳密な査定によって決定されます。

このあたりの評価というのは、買取業者ごとにバラバラの結果になることもあり得るので、一括査定サイトを使って確認してみると良いでしょう。

修復が軽微なものであれば、ほとんど減額ゼロのままで、高額買取される可能性も十分にあるということです。

くれぐれも自分の車を過小評価してしまい、まだ走れるにも関わらず事故車として買取したりしないようにしてください。伝えるべきことを伝えておけば、必ず最大限の買取評価をしてくれる業者はありますので、査定結果が出るまではあきらめないように心がけましょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら