走行距離は車の買取額に影響する?走行距離による査定評価について

中古車買取の金額が決定する要因の1つに、走行距離がどれくらいかという点が挙げられます。走行距離だけで中古車の状態が判別できるわけではありませんが、客観的な数値として目に付くものですから、やはり大きな影響力があるのは間違いありません。

基本的には総距離は短いほど査定も高くなるのが一般的で、中古車を購入する場合でも価格が高くなりがちです。

しかし、具体的にどれくらいの距離から買取金額に影響あるのかと言うと、意外と皆さん検討がつかないものでしょう。人によって総距離の長さに対する考え方が違うものですので、御自身の主観だけで判断をしてしまうと、中古車の本当の価値を見失う恐れがあります。

ここでは中古車買取市場において、走行距離がどのように査定されるものなのか、正しく理解していただきたいと思います。

走行距離が長い車は買取金額も低い?基準となる数値が存在する

中古車買取の際、どの業者でも価格を決定する計算式のようなものがあり、それに基づいて買取額を決定します。走行距離の場合であれば、多くの業者が加減点というものを採用しており、基準となる距離と比較して点数が上下していく仕組みになっています。

最も広く使われている基準は「1年間で1万キロ」というもので、これは自動車保険の金額でも取り入れられています。この距離よりも長く走って入れば、査定が減点されることになり、買取金額もオーバーした数値に応じて減額されていくわけです。

逆に、基準よりも短ければ短いほど、ポイントが高くなって買取金額も高くなるのです。

仮に1年間で2万キロ走った車があったとすると、基準の2倍を走っているわけですから、-100点という扱いになります。1点あたりの単価は車種にもよりますが、大衆車と呼ばれる部類の車ならば、1点あたり1000円ぐらいが相場です。

つまり、年間2万キロ走行した1年モノの車であると、10万円程度の買取金額ダウンが予想されるというわけです。

ここで紹介した数値は、あくまで大雑把なものですから、全ての車や業者でそのまま当てはまるものではありません。それでも基本的な考え方は、どの中古車買取業者を使っても変わらないので、走行距離の長さについて意識をしておく必要があると言えます。

短期間に走行距離が長い車は、中古車買取では敬遠されやすい

さて、前述した加減点による計算方法ですが、これは距離だけではなく時間も重要視されています。同じ3万キロを走行した車があったとして、A車は購入後1年、B車は購入後3年が経っていたとしましょう。

このとき年式が新しいのはA車ということになりますが、走行距離の加減点を考えると、-200点以上という大幅なマイナス査定を受けることになります。1点1000円で計算しても20万円以上の減額ですから、B車との年式の差によるアドバンテージというのは、ほとんどなくなってしまうと考えてください。

どんなに新しい車であっても、厳しい使い方をしていたとすれば、それだけ消耗していると考えるのが一般的です。故障の発生率や、各部品の磨耗度も高まってきますので、年式が新しくても信頼性は低くなると考えられます。

中古車を購入する立場で考えると、短期間にあまりにも走行距離が長い車があれば、それだけ酷使されていたのだと警戒心を抱くものです。当然ながら、業者側も値段を下げて売る必要がありますので、買取金額が下がってしまうのは仕方ないと割り切ってください。

きちんとメンテナンスをしている車であっても、メーターの数値というのは誤魔化すことができないため、中古車買取への影響を避けることは難しくなっています。

業者によってはメンテナンスノートの記述内容などを参考に、買取金額を調整してくれる場合もありますが、基本的には「走りすぎていると不利」という点は変わりません。

走行距離が短くても、年数が経つと査定基準が厳しくなっていく

ここまで中古車買取において、走行距離は短い方が良いというスタンスで解説してきました。そうなると使っていない車ほど価値が高いように思えますが、実際はそこまで単純な話ではありません。

購入して間もない車は良いのですが、ある程度の年数が経っていると、その分だけ不利になるようになっています。

【走行距離と年式の関係】

年式 年間走行距離の基準 総走行距離の基準 年間1万キロペースで走った場合
1年 10000キロ 10000キロ 減点なし
3年 9500キロ 28500キロ 30000-28500=1500キロ超過
5年 9000キロ 45000キロ 45000-50000=5000キロ超過
10年 6000キロ 60000キロ 100000-60000=40000キロ超過

同じペースで走った車でも、古くなるほど厳しく査定される!

加減点での説明で「1年間で1万キロ」という基準を例に出しましたが、年式が古くなってくると、この数値がよりシビアなものに変わってきます。

例えば、購入後3年間までは年間1万キロという計算方法だったのが、購入後5年では年間9千キロに引き下げられてしまうことがあるのです。

つまり年間1万キロペースで3年間乗った中古車(合計3万キロ)は加減点ゼロであるのに対して、同じペースで5年間走らせた車(合計5万キロ)はマイナス判定を受けてしまうわけです。

これはあくまで走行距離に対する査定方法の話で、実際には年式そのものも査定をされることになるので、古い車はそれだけ買取金額が低くなることを意味します。

年数が経てば経つほど、走行距離の計算方法も不利になり、年式もどんどん古くなって買取金額が落ちる一方ということです。

短期間に走りすぎた車と同じく、長期間放置した車というのも、中古車買取では評価が下がってしまうことにつながりますので、トータルで査定をされるものだと覚えておいてください。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら