中古車査定の金額はどうやって決まる?査定価格の算出方法について

中古車の買取価格については、業者ごとに若干の違いはありますが、基本的な決定方法というのは共通しています。一昔前であれば地域ごとにローカルルールがあったり、業者が気ままに買取価格を決めることもありましたが、現在ではそういった決め方は少なくなっています。

インターネットの普及によって、誰でも手軽に中古車の相場を知ることができますし、日本全国の買取業者を利用することができるようになったためです。

ここでは中古車の買取価格がどのようにして決まるのか、査定方法に関する部分を中心にして、詳しく解説させていただきます。査定金額の決め方をきちんと理解しておけば、高額買取を狙う場合においても、どうするべきか方針を立てやすくなるはずです。

査定金額は基本価格と加減点で決まるもの!算出方法を理解しておこう!

中古車の買取価格を決定する要素としては、「基本価格」と「加減点」の2つが存在します。基本価格というのはその名の通り、買取する車種ごとに決められた値段のことで、誰が売っても変わらない数値となります。

それに対して加減点は、買取依頼された車の状態を判定して、プラスにもマイナスにも作用するものとなっています。同じ車種であっても買取価格が変化するのは、この加減点によって状態を細かく審査され、買取価格に反映させられるからだと覚えておきましょう。

さて、中古車の買取金額を上下させる加減点は、具体的にどういった部分で決まるのでしょうか。これは標準状態を基準にして決められるもので、標準よりもプラスの状態なら加点され、マイナスの状態なら減点される仕組みになっています。

ボディ(外装)にキズがあるかどうか、タイヤの溝が残っているかどうか、車検・自賠責の期限が切れていないかどうかといったように、業者ごとに様々な採点方式が存在します。

中古車の高額買取を望むのであれば、この加減点をできるだけ高くすることが重要になります。

ただし、状態を良くすれば必ずしも高額買取が達成できるというわけではありません。そもそも加減点の付け方は業者によって違うものですから、できるだけ査定基準が甘い買取業者を選ぶことが大切になります。

また、基本価格についても業者間で差がありますので、高く設定しているところならば状態の善し悪しに関係なく、査定金額が高くなりやすくなります。

なぜ中古車買取業者は査定の基本価格が異なるのか?

前項では車種ごとに基本価格というものが存在すると説明しましたが、これは買取業者ごとにバラバラですので、よく注意をしなければなりません。

業者によっては「どこも同じ」という説明の仕方をされるかもしれませんが、実際は大衆車でも10万円以上の開きがあることも珍しくありません。高額買取を狙いたいのであれば、基本価格が高い業者を優先して選択し、その上で加減点の調整をできるだけ上げることが基本線となります。

ところで、なぜ基本価格が業者によって違うか、少し考えてみることにしましょう。加減点で調整ができるのであれば、全国標準で基本価格を設定しても良さそうなものですが、これは中古車買取業者ごとに受け入れ体制が異なっているのが原因です。

自動車を買い取った後、それを販売するためには点検を含めた整備をする必要がありますが、業者はコストを支払わなければなりません。自社で整備工場を完備している場合は安く済みますし、そうではない場合は別会社に依頼することになるため、かかる費用も高くなってしまいます。

他にも輸送費、販売までの維持費といったように、様々な要因で中古車販売にはコストが積み重なっていくことになります。

こうした様々なコストを安く出来る業者であれば、中古車買取の際の基本価格も強気に設定できるというわけです。一般的には大手の買取業者ほど、中間マージンを取られづらい体制になっているため、基本価格は高くなりやすい傾向にあります。

また、最近ではネットオークションに力を入れる業者も増えているため、中小規模の買取業者でも基本価格の高いケースが多くなってきています。

査定士は中古車のどこを見ているのか?ポイントを知って高額査定を掴もう!

もう少し加減点に関する部分を掘り下げてみることにしましょう。どこの中古車買取業者であっても、買取査定をする時に意識する場所は共通しているので、理解しておくと対策もしやすくなるはずです。

外装内装 エンジン内部 足回り 走行距離 タイヤの状態 車検・自賠責 事故歴
修復歴
点数アップ 極めて綺麗である 極めて綺麗である 短い 新しい(ほぼ新品) 半年以上残っている
標準
(増減なし)
標準的 標準的 違和感なし 溝が残っている なし
点数ダウン キズ・汚れがある 状態が悪い 走行しづらい 長い 溝が少ない 残りわずか あり

 

上の表でも挙げているように、車の状態に異常がないかどうか、車検などでコストがかかるかどうかという点について、査定士は車の価値を判断することになります。走行距離や車検・保険に関する部分については、数字だけを見ればわかることですから、だいたいどの業者も評価は似たようなものです。

一方で、外装状態(キズの有無)や足回りに関する部分、エンジンの状態については査定士独自の主観が入る可能性がある部分と言えます。

査定士というのは中古車買取業者の中でも、車の状態を見極めることを任されているスタッフですので、責任感を持って買い取る車を判断しようとするでしょう。そのため、業者によっては「厳しくチェックするように」言われている査定士もいれば、比較的甘めに見る余裕のあるスタッフもいます。

もしも、小さなキズであったり、タイヤの溝が少ししか減っていない中古車を売りたいのであれば、査定士による評価のバラつきにも注意するべきでしょう。

 言い換えると、売りたい車の状態が綺麗なものであれば、業者間で加減点が異なる心配はあまりないということになります。そういった場合には基本価格が査定金額に直結しますので、一括査定サイトを利用する等して多くの見積もりを取り、単純に買取金額が高そうな業者を選択すれば問題ないでしょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら