中古車査定で売買契約後に減額されるケースと対処法について

中古車の売買契約というのは、現金の支払いがされる前に交わされるものです。そのため、契約時点では簡単な査定だけを行い、細かな故障のチェックまではされないことが一般的です。

契約時に提示される金額もあくまで見積もり額で、その金額が払われることを必ずしも約束されるわけではありません。

では、実際に受け取る金額が、契約時の査定額よりも減額されてしまうことはあり得るのでしょうか。結論を先に言うと、支払い段階に入ってから買取額が少なくなってしまうことは十分あり得ます。

ここでは買取額が後から減額されてしまうケースについて、詳しく解説させていただきたいと思います。

故障や修復歴がある場合は、事前に伝えるのが基本

最も多いパターンとして、事故による修復歴があることを、査定の段階で隠していた場合が挙げられます。外見だけで判断できる修復でない場合、買取査定や契約の段階では業者も判断できず、無事故の車として金額を提示することも多いでしょう。

しかし、後になって詳しく車をチェックしていると、事故をした形跡が見つかってしまい、評価が一気に下げられるというわけです。

中古車の買取を依頼するならば、こうした故障と修復の履歴というのは、きちんと伝えるのが無難です。隠して高額な買取契約を結べたとしても、発覚してしまえば実際に受け取る金額は少なくなってしまいます。場合によっては通常よりも大きな減額を通達されることもあるので、相手を騙して買取価格を釣り上げようと考えないで下さい。

特にネットを使った見積もりであれば、入力する情報だけで査定結果が出るため、ついつい不利な情報を隠してしまいやすいものです。仮に表示される金額が高くなったとしても、実際の買取金額は引かれてしまいますから、隠しても得することはあり得ないと理解しておきましょう。

中古車の買取で、後から減額提示をされた場合はどうするべきか?

中古車買取業者と契約をしたにも関わらず、納得できない形での減額を提示されることも、少なからずあり得る話です。前項で解説したような依頼人に責任がある場合はともかく、全く想定外の理由をつけられて、業者から減額を言い渡されたらどうするべきでしょうか。

こうしたとき、まずは理由をきちんと聞いて、それに納得できるかどうか自分自身で判断することが大切です。本人が気づいていなかっただけで本当に故障があったのであれば、別の業者に買取査定を申し込んだとしても、同じ結果になる可能性が高いです。

エンジン内部の問題であったり、見えづらい箇所の破損であれば、どこの業者も詳しく調べた後に減額提示することでしょう。故障の内容や程度によってバラつきもありますが、納得できる範囲での減額だと感じたのであれば、素直に了承することも大切です。

一方で、どうしても納得できないと感じた場合は、即座に買取をキャンセルしても良いでしょう。別の中古車買取業者に依頼すれば、減額されることなく高値で売れる可能性もありますからね。

業者側に買取額を減額する権利があるのと同じように、顧客側もその買取金額を拒否する権利がありますので、預けていた車を返してもらってください。

中古車の修復歴を黙っていたら罪に問われる?悪質な業者には要注意!

自動車に限らず中古品の売買では、瑕疵担保責任というものが法的には認められます。これは売り手が買い手に対して、売買する商品の情報を偽ってはならないという責任を指すものです。

中古車を例にすれば、故障や破損があることを隠して、相手を騙す形で不当に利益を得てはいけないことになります。民事訴訟の対象にもなりますので、不動産や中古車販売などでは、実際に悪質な業者が訴えられた例があります。

さて、この瑕疵担保責任は客側(買取依頼人)も訴えられることがあるのでしょうか。結論だけ申し上げると、そのようなことはあり得ない話ですので、安心してください。

中古車買取業者というのは車を見るプロですから、顧客が黙っていたとしても、異常を見つけられないのは自己責任となります。もちろん一目では判別できない場合もありますので、詳しく調べる時間を確保するために、買取金額の振込までに時間を置いているです。

もしも、中古車買取業者から「減額を受け入れないと訴える」という言い方をされたならば、その業者は悪質であると考えてください。

真っ当な企業であればそのような言い方を絶対にしないので、単なる脅し文句であると判断し、即座に買取をキャンセルする旨を伝えましょう。

お金が振り込まれるまでは完全に買取価格が保証されないのが現実

ここまで説明をしたような話というのは、事故歴や修復歴が後からわかった場合を想定しています。なにも問題がなければ契約時の買取価格が採用されますので、心当たりがないという方ならば、あまり心配する必要の無い話です。

ただ、知識としてこういったことを理解していれば、いきなり買取価格が下がったとしても焦ることはないでしょう。

大事なのは、見積もりや契約時の買取価格が、必ず振り込まれると保証されているわけではない点にあります。ネットの中古車買取サービスだけでなく、高速査定を売りにしている業者についても、詳しい検査は後日に回されることが多いものです。

このような業者を選択する場合、手続きそのものは早く済みますが、価格保証については若干の不安があるものだと割り切ってください。

もし、後から買取価格を下げられるのを避けたいと思うなら、契約時により細かく査定してくれる業者を選びましょう。契約までに時間がかかる可能性がありますが、簡易的なスピード査定を売りにしている中古車買取業者よりも、後から何か言われる可能性は低くなります。

それでもお金を受け取るまでは100%安心というわけではありませんので、あまり過信をせずに振り込まれるまで待つようにしましょう。



無料一括査定で5万円→25万円に!!買取額を20万円アップさせた私の体験談

長年乗り続けた愛車は、できるだけ高く買い取ってもらいたいというのは、みなさん同じ心境だと思います。

しかし、車の買取相場というのは素人にはわかりづらいため、1社だけの査定で判断してしまうと、相場がわからないため、安く買い取られてしまう可能性があります。

実際、私もディーラーにかなり安く査定をされて大損するところでした! 中古車というのは、ちょうど業者がほしがっている車だった場合、買取額が上がるケースが結構あります。私の場合もそうでした。
ですから車を売却する際は、面倒でも複数の業者に査定依頼をして比較するのが高額査定を引き出すコツになります。

そこで、ネットで調べてみると、複数の買取業者から一括して査定してもらえるサービスがあることを発見。
早速、私も利用してみたところ、ディーラーに5万円と査定された愛車が25万円で買い取ってもらうことに成功しました。

私が利用したのは、「ズバット車買取比較」という一括査定サービスで、全国150社の業者から最大10社へ無料で一括査定依頼ができ、一番高く車を買い取ってくれる業者がわかります。
ちなみに、難しいことは一切していません。3分くらいで申し込みが完了しました。

一括査定サイトを利用すれば、業者間で価格を競わせ買取り額を上げることも可能ですので、少しでも高く売りたいと思われている方は、一括査定を利用することをオススメします。

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、車を売りたいと思われている方は、参考までにご覧になってみてください。

>> 買取価格が20万円もアップした私の体験談はこちら

>> 今すぐ一括査定を申し込みたい方はこちら